FC2ブログ

2006年10月

2006.10.16.Mon

高音絶叫時代



今日は大人になれば誰もが封印したくなるような時期、中学の頃の音楽趣味についてお話しましょう。
僕の中学の頃はどんな音楽が流行していたのかな? Mr.Childrenやスピッツが売れ出したのがこの頃か、古い… 小室哲哉が幅をきかせてきたのもこの頃からかな。
僕はというと…



Living on a prayer



こんなん聞いてました。
アメリカンハードロックの虜でした。 
今でも好きですよ、もうちょっと髪を伸ばして↑のボン・ジョビみたいなヘアースタイルにしてやろうか、とクセ毛な僕は思ったりしています。










その他にはMR.BIGとか聞きましたね。 ギターとか、めちゃ早です。 人間業じゃ無いですね。
こんな感じです。


Paul Gilbert vs Billy Sheehan



二人とも上半身裸…
もっと他に良いビデオあったのになんでコレ選んだんだろ。










そんな一風変わった僕の音楽趣味に中学の友達に少なからず影響してか、友達の家にVan HalenのCDが置いてあった。 それを友達と聞いて流行ったのが↓の歌です。
イントロで「ヒャッ!!」てシャウトするのをマネするのがブームでした。


Can't Stop Lovin You



結構良い歌ですがPVに映っている中年の方々に少し違和感を抱きます。
というか、中学の時に疑問だったのが彼らの高音の声です。 なんて高さで歌いやがる!と驚いたもんです。 どんな練習したんだろと気になってました。










最後はこれです。 なんでこのPVかというと、先日紹介した「LOST」でソーヤー役として出演ているジョシュ・ホロウェイが出ています。 若いです。 PV開始3分25秒くらいか登場のちょい役です。 引ったくりをした上に蹴り飛ばされます。 彼も苦労したんですね。 では、どうぞ。


Cryin'



顔がギリギリ確認できたくらいの本当にちょい役でしたね。










とまあ、そんな感じの中学生時代です。 他にはモトリークルーとか聞いてましたねぇ。 勉強もせず音楽に浸っていました。 何をしてたんだか…



今でもたまに聞いては高音の声で口ずさんだりしています。
「ヒャッ!!」
スポンサーサイト



 | HOME |