FC2ブログ

2008年06月

2008.06.30.Mon

new car



新しい子は気難しい事で有名だ。 なんせ古い。
新しいのに古いって可笑しいですな。 いいや、新しい。 大丈夫、大丈夫。 自分に言い聞かせる。






happy1






happy2







決してこれは古い写真を載せてるんじゃないんです、21世紀に撮られた写真です。





happy3





後姿がカワイイと評判。






そう、この子。 ハッピー2号です。 僕の新しい車です。 上の写真は車検を受ける前なのでナンバープレートがありません。
このやんちゃで気難しい子を運転すると前任者(前任車)の優秀さを身に染みて感じることもでき、複雑な気持ちになれました。
これから更に暑くなるというのにクーラーは付いてない、カーステも付いてない、シートベルトがオモチャ。と、快適さから程遠く、自分を追い込むのが趣味な僕には最適だけど故障は手に負えないので勘弁です。
フォルクス・ワーゲン、1972年生まれ(多分)、巷ではtypeⅢバリアントと呼ばる。 くらいしか知りません。 これから勉強していきます。
この72年のtypeⅢはレイトモデルといってマイナーチェンジ後の車らしく、そのマイナーチェンジでデザインが変更され売れなくなって生産中止に追い込んだタイプの車がこの、ハッピー2号のタイプ。
そんな人気の無さと生産中止に追い込む大胆さが気に入りました。
あまり遠出はまだ怖くてできませんが、いつかこいつとも旅に出たい。
これからよろしくな。










happy4



車検から帰ってきて、ドライブに出かけたハッピー2号と管理人。
(皆様の目の保護の為、管理人の姿は隠させていただきます)
嬉しくなって写真に写ってみたものの、冷静になった管理人に隠される事になる浮かれた管理人が惨め。
スポンサーサイト



2008.06.29.Sun

決勝戦



EURO2008の決勝戦を見ました。 ついさっき試合終了。
結果を知りたくない方はこれより先見ないでください。















強いスペイン。 今まで期待を裏切ってきたので、ここらでその期待を裏切る期待を裏切ってやろうとスペインは本気を出しましたね。
試合を見ていたんですが、特別どちらのチームにも思い入れが無いというのもあってか落ち着いて見れた。 スペインのサッカーはテクニックやパスワークが完璧で、でも支配率のわりに得点を取れないのがアジア予選を戦う日本代表と重なる。
この決勝戦でも、結局細かなパスワークではなく縦パス一本が決勝点。 それでも、好きな人にはあのパスワークやテクニックはたまらないのだろう。
僕は一応ドイツを優勝予想していたのでドイツ贔屓でみてたんですが、ラームを下げたあたりからチャンスが激減しチーム力の差が顕著に現れる。 いや、スペインのセナは凄いです。 一人で中盤のフィルターになってましたから。 パスを回され続けたドイツはゲルマン魂を見せる前に心が折れてましたね、というかチームがバラバラでした。







スペインは強い。 優勝したので、僕なんかが書かなくても事実なんですが。 憎いくらい強い。
それでも、なんかスペインは好きにはなれなかったです。 チームのスタイルもですが、強過ぎるチームってのも魅力が無いです。 スペインをずっと応援している人は「やっときた!」って感じで感動できたでしょうが。
どうせならトルコVSロシアというカオスな決勝戦の方が見たかったかな。
いやいや、スペイン優勝おめでとう。 優勝に相応しい強さでした。
2008.06.28.Sat

you say good-bye, i say hello.



いろんなところへ連れて行ってくれたアイツとさようならをする。
思い出は尽きない。 感謝と慰労の気持ちは言葉にできません。
どこに行っても、どうなろうと忘れたりはしない。
お前との8年間は楽しい事ばかりだった。
我が儘を聞いてくれて、時にはゴネて。
「しない、させない、過積載」そんな標語も笑い飛ばした。 大事な荷物は載せたままだけど、その大きな荷台ならまだまだ入る。
動けなくなるまでトップギアで走り抜けてくれ。








悲しい事ばかりではない。 明日はさようならとこんにちはの日。
さぁ、どこへ連れて行ってもらおうか。
2008.06.27.Fri

準決勝



サッカーのEURO2008準決勝、スペイン対ロシアの試合が地上波で放送があるという事で見た。





ロシア強いらしいとの噂に胸踊らせたが、実際見てみると…
正直、応援しているチームではないので、どちらが勝っても別に良かった。 ただ、名勝負が見たかったんです。
この試合はスペインのものでした。
スペインには自信と余裕があったように感じました。 ロシアはなんか焦ってる、というか勢いに乗れず終始困っている感じで、良いトコがあまり見られなかった。
もっと楽しませてもらえるのかなと思ったんですが…
ドイツ対トルコの試合の方が面白かったみたいですね。






決勝戦はドイツ対スペイン。
多分、テレビ観戦できると思うので見ます。
対象的な両チームの試合、面白くなってほしいものです。
2008.06.26.Thu

somewhere over the rainbow



昔懐かしの友達がブログのメールフォームからメールを送ってくれた。 懐かし嬉しい。 一昨日送ってくれたメールに気付いたのが今日。 すまない。





仕事場のシムラさんの退職が正式決定する。 まぁ、なんかややこしい事があったみたいで…
またシムラさんとは遊ぼうってメールの交換をしたので、その時に話を聞いてみよう… でも、もう別にどうでもいいか。 辞めた理由聞いてどうする。





知らぬ内に仕事場のクズリが退職という事になっていた。 異動じゃないのか? そこらへんをメールで聞いてみたのだけれど、質問で返され誤魔化される。





そんなこんなで喜んだり、へこんだり、疑心暗鬼に陥ったり…
意外に忙しかったりします。
2008.06.25.Wed

災い転じて…



仕事は交代勤務で夜寝たり、昼寝たりと体調管理というか睡眠管理が難しい。
休み明けはいつも寝不足だったりします。 休み明けが山場になってました。
しかし、今日はベストコンディション。 昨日の、頭が割れるかのような頭痛にノックダウンし日付が変わる前に就寝。 いつもは深夜まで寝れないのにです。
昨日の頭痛には参りました。 あんなに頭が痛かったのは初めてで、脳みそ飛び出るんじゃなかろうかと心配したほどガンガンと頭痛は頭を殴ってました。
しかし、どうでしょう。 頭痛のおかげで就寝時間が早くなり翌日の仕事も珍しく楽しく頑張れました。
頭痛ありがとう。 でも、もうあんな痛い思いは嫌なので懲り懲りです。
2008.06.24.Tue

頭痛



暑さにやられてしまったのか、頭が痛い。
気分が良くない。
晩御飯にラーメン食べに行って、CD買いに行って…
ダメだ、今日はもう寝よう。
2008.06.23.Mon

主題歌



休みで、天気が良くて。
眩しいよ、暑いよ。 愚痴ってるのにニヤケてる。 気持ちよすぎでTシャツとかいらんよ。
寝不足で太陽に溶けてしまいたくなったりしますが、せっかくの天気。 ドライブへ。
BGMは、ある一定の周期で物凄く聴きたくなる中村一義で。
今日は「ERA」というアルバムを聴いていて、収録曲「ジュビリー」という曲の動画でも貼ってブログの見映えを良くしようかな、なんて動画探していたら、高校時代に聴き狂って当時のバイブルだった「主題歌」という曲の動画を発見。
PVではないのですが、歌詞が下の方にテロップで出ます。 こんな歌詞の載った動画とかブログに載せるの気が進みませんが、やっぱりいい歌だなって甘酸っぱい気持ちになった記念にペタリしときます。
高い声でやんやと歌ってて、かなり疲れそうなくらい、音割れちゃうくらい高い声出してます。 がんばってます。








主題歌







10年前の僕も聴いてた。
2008.06.22.Sun

神様のシナリオ



サッカーのEURO2008もノックアウト方式のトーナメントに突入。
今夜行われるスペイン対イタリアの試合が終わればベスト4が出揃う。






こう書いてみましたが、EUROの試合は仕事の関係上グループリーグの2、3試合しか見てません…
意外な国が勝ち上がっていますが、トーナメントというのは本当にわからないモノなので、そんなに驚きは大きくはないです。
トルコ対クロアチアの試合は奇跡が起きたらしく、テレビ観戦して涙する人もいたとか。 見たかったなぁ。
オランダもいつもの「強いのにコロっと負ける」というクセ(ジンクス?)が今大会も出てしまう。 いや、今回はロシアがしたたかさを見せ破った、という見方の方が正しいのかな? ロシア強いらしいです。
ポルトガルはドイツの高さ(強さ)に勝てず…





どんなに良い試合も、勝敗が決まってしまう。 とても残酷な事です。 しかし、戦うというのはそういう事なのです。
と、特に応援するチーム(国)がないので悠長な事言えますが、選手や国民には天国と地獄の奪い合い押し付け合いがフィールドで行われているわけですから穏やかではないでしょう。







試合も仕事で見れず、感想が書けないので迷いのある記事になりました。
ようするにサッカーが見たい! EUROが見たい!
僕は声を大にして叫びたい。
2008.06.21.Sat

1:13



仕事場のシムラさんは今日もお休み。
電話やメールにも応答なし。 噂には入院しているとか、シムラさんは元自衛隊員だったので東北の被災地へ救助に向かった等の情報が飛び交う。
実際のところは連絡が取れないのでわからない。
元気だと良いんですが…






シムラさんのいない仕事場は忙しく、しかも夜勤なので手伝いに来てくれる人もいない。 僕とボスは必死です。
休憩もそんなにゆっくりできない為この辺で失礼します。
2008.06.20.Fri

音楽好き



今もこうして聴いているんですが、思い起こせば仕事中も頭の中でメロディが流れ口ずさんだりもしていて。 そういや、ここ何日かは深夜遅くまでずっと音楽聴いている。 寝不足になろうが知ったこっちゃない。
良い音楽と出会えた時のあの感じはなんと言うんでしょう?






僕は洋楽の方を多く聴く人なんですが、それは決して「日本の歌はダメだなぁ」なんて思っているからじゃなくて。 仕事場の藤吉郎先輩は「洋楽は良いわ、何言っとるか判らんもん」と豪快に言ってましたが、その通りだと思う部分がありまして。
歌詞が解った方がより良くなる洋楽の曲があると思います。 でも、変に良いメロディ(音)に意味を持たせない方が音楽として、音を楽しむ方法としては良いと思うところもあります。 歌詞が持つ意味が邪魔な時だってあるはず。
声すらも楽器として楽しむ。 所々知っている英単語などを好き勝手繋げて歌詞の意味を自作し楽しむ。






さー、今日は何聴いて夜更かししよーかな。
2008.06.19.Thu

22dreams



22 Dreams22 Dreams
(2008/06/10)
Paul Weller













Have You Made Up Your Mind









ポール・ウェラー大先生のニューアルバムを入手。 昔「Stanley Road」というアルバムを聴いてみたけど、口に(耳に)合わず… それ以来ソロでのCDは買ってませんでした。 The JamのCDはよく聴きましたが、まだ僕も若かったんでしょう。
先日、レコード屋さんで試聴したら良かったです。
さすが大先生、懐が深い。 アルバム通して(ジャンル等の)一貫性が無いのにどの曲もしっかりとブレずに成立しているあたり凄いなって。
ペタリと貼ってある動画の他にまったりゆったりと聴ける曲とか本当に引き出し豊富です。








Echoes Round The Sun
2008.06.18.Wed

印度村



鈴鹿へ行きラーメンを食べようか。
お腹減らせて目的のラーメン屋に行ったんですが、定休日。 も一つ候補に挙がってたラーメン屋も定休日。
どーしよーかなーと車でウロウロしながら困っているとインド人と出会う。
インド人は黄昏。
インド料理屋の裏口で金網にもたれ目前の川を眺めるインド人。 インド人と目が合う。 1秒ほど。 なるほど、ここか。 インド料理屋に導かれた僕は一人、店に入る。
色々とメニューがあったが、読むのが面倒で安いコースにした。 タンドリーチキンやケバブ、カレーといった料理がセットになっている。
チキンやケバブをむしゃむしゃと食べ、メインのカレーが到着。
メニューには「小さいナン」と書いていたが、実際は大きめのピザくらい面積があった。 普通サイズのナンの大きさを想像するだけで鳥肌が立った。
カレーを平らげた僕はチキンやナンを触って油でギトギトになった手を気にしながら会計を済ませ店を出た。
これといって何事も起きなかったけどインド人の作るカレーを久しぶりに食べることができ僕は幸せです。
2008.06.17.Tue

内側と外側と中心



暑かったですね。
寝てたら仕事場の藤吉郎先輩から電話。 鈴鹿で車の修理をしたから迎えに来てくれとの事。
面倒だからもう一眠りして行かないでおこうと思ったのですが、僕も人の子。 行ってきました。
先輩を家まで送った後は仕事場の人の送別会があった。 しゃぶしゃぶを食べたんですが、参加予定だったシムラさんは不参加、というか連絡が全く取れない… シムラさんの弟分であるクズリは参加。
みんなシムラさんとは連絡が取れず、どーしたんだろうと心配していた。
送別会が終わった後(23時前)にクズリが「カラオケ1時間だけ行きたいわ」と我儘を言う。 クズリは同じ仕事場でも違う班で、今日は仕事が終わってから参加し、明日も仕事なのだ。 でもカラオケに行き歌いたいらしくて「1時間限定」でカラオケに行きたいと言い出したのだ。 僕は今日、明日休みなので構わなかったが、送別会に参加した他の人をクズリの1時間の為にカラオケに誘うのも悪いなと思い僕とクズリは2人でカラオケへ行った。
クズリは1時間歌い続けた。 僕は横になって半分寝ながら聴いてた。 昼間は藤吉郎先輩に起こされ眠かったのです。
クズリとシムラさんは義兄弟の契りを交わしている。 兄貴分であるシムラさんが仕事に来ない、連絡つかないからクズリも心配だろう。 それにストレスが溜まっているのか、次々と歌を入れ歌った。
僕はそれらを聴いた。
最後の締めの曲がなぜかセリーヌ・ディオンのタイタニックのテーマ曲だったので、僕は終始笑うのを我慢する事に労力を費やした。 クズリは変わった男です。
クズリのLIVEが終了し、帰るかって事になり、車に乗り込もうとするとクズリが「誰にも言わんといてな」と言い、来月から自分が今の工場を離れ久居にある工場に異動になると告白した。











みんなどうしたんだ?









シムラさんは音信不通、クズリは異動…
なにがなんだか。
こんな事を繰り返し、出会いや別れに不感症な人間になっていくのか… おーコワ。










とりあえず、みんな落ち着け。
2008.06.16.Mon

音信不通



今日も仕事場で一緒に働くシムラさんが休みだ。
なので忙しい。 それは良いとして、シムラさんどうしたんだろ。
家族や自身に何かあったんだろうか? 心配であります。
シムラさんと義兄弟の契りを結んでいるクズリも心配しているみたいでメールが入ってきていた。
クズリがシムラさんに送ったメールの返事も来ていないみたいで…
何事もなければいいのですが。
2008.06.15.Sun

unlucky



どうしようもない日ってありますよね。
悪い事やツイてない事が重なって「あきまへん」と嘆く元気もない。
つまり今日みたいな日です。






夜勤前にラーメン屋さんでラーメン食べて、コンビニでタバコ買って、としていると財布には300円しか残らず、コンビニATMでお金を引き出そうとしたらサービス時間外で利用できず…
仕事場に着いたら着いたらで仕事仲間のシムラさんは休み。 僕とボスだけで大変。
食事休憩は300円で済まさないといけない。 食堂は無理なので、とりあえず100円でジュースを買い、残りの200円でパンの自動販売機にてパンを2つ買おう。
とジュースを買いパンを買おうとしたらパンの値段が知らぬ間に120円になっていた… 前まで100円だったのに。
仕方なく気持ち程度しかあんが入ってないあんパン1個をお腹に詰め、タバコをバカバカ吸っています。








ツイてないと言うか、なにやってんだか。
2008.06.14.Sat

ミーティング



今日は近所のワーゲン乗りが集まるミーティングが行われた。



日時:6月14日(土)
場所:近所のミニスーパー(ヒゲの店)
時間:21時(すなわちスーパー閉店後)





ミーティングと言っても僕を入れて4人。 しかも、僕はワーゲンには乗っていない… ホンダのストリートに乗っているんですが、ヒゲが誘ってくれたので参加した。
月1回、恒例となっているミーティングで、多分ですがワーゲンの旧車が集まるイベントとか参加する月には、そのイベントの打ち合わせなどするんだと思います。
今月は特にイベントとか無いみたいで、ただの井戸端会議でしたね。
車の話はほとんどせず、同居人の牛若丸と初遭遇したヒゲが牛若丸のモノマネをし、それが流行ってしまい所々にヒゲが牛若丸のマネをふざけていました。
僕が最年少だったんですが、なんか、みんな同じ年くらいかと思うくらい子供みたいな事を話し合ってました。 まぁ、そんなくらいじゃないと旧車だなんて乗れないでしょうからね。
参加したメンバーについてはまた今度、紹介したいと思います。
僕以外の3人はワーゲンバスの旧車を乗っているんですが、三者三様。 旧車らしさを前面に押し出していたり、できるだけ新しくカスタマイズして旧車というのを感じさせないようにしたり。
同じ車でこれだけ個性が出せるなんて面白いなと思いました。
旧車なので色々と苦労(故障や不具合)があるみたいですが、そういうのも楽しめる馬鹿らしさ、笑い飛ばせるハートの深さはそりゃもう愛ですよ。
2008.06.13.Fri

自問自答



自問自答。 セルフQ&A。 高尚な暇つぶし。
自らに問い、自ら答える。 こう書くと変態っぽい。
「お前はふらふらといったい何がしたいんだ?」と自らに問う。
「色んな事をしてみたい。色んな所に行ってみたい」と自信無く答える。







「最近牛若丸(寮の同居人)が色気づいている事についてどう思う?」と自らに問う。
「年頃だからな」となぜだか少し残念そうに答える。 置いてけぼりは嫌だ…
このような自問自答をしたり、しなかったり。
結局、自問自答なんか、なんの糞の役にも立たない事に気付く。
それでも、自らに何かを問い、答えを出してみようと暇になれば躍起になる。
はぁ…ボンジョビ(ボンジョヴィ?)でも聴こう。
2008.06.12.Thu

songbird



朝、雨が降ってて、その音で目覚めたんです。
あー、今日も雨か。 なんて少し腐ってから二度寝。
昼頃起きたら晴れてて。 というか、暑くて。
色々と用事とか、必要な物を買いに愛車のハッピー号であっちこっち。
今日もまた近所のミニスーパーで店主のヒゲとお話。
ヒゲの店によく来るおっさんに「いつもおるなー、仕事しとんのか?」と能天気な言葉を貰う。 確かに、よく会うし平日なのにヒゲと話をしているので仕事してないと思われてるかも。 ま、構いません。
最近は「音楽の再評価」が密かなブームになっていまして。 10年前とかによく聞いてた音楽たちを今一度再評価してみようという、時の流れに中指を立てる非建設かつ若干後ろ向きでややノスタルジックな事をし楽しんでいます。 ですが、この再評価、結構難しいんですよ。 よく聞いていた音楽(そりゃ愛着とかあります)を初めて聴いたみたいに評価するわけですから。
昔より評価が上がったのがサニーデイサービスです。 「サニーデイサービス」というアルバムを聴いたらビックリしましたから。 素晴らしいセンス、素晴らしいアルバム。
他にも昔聴いていたCDを中古CD屋さんで探して聴いてみよう。
2008.06.11.Wed

little by little



夜勤から休日へ。
休みだというのに寝る間もなく、あっちへいったり、こっちへきたり。 忙しいではないか。
明日もなんかやっておきたい事がいくつかあって、箇条書きにして持ち歩かないといけないくらいだ。
でも、まぁゆっくりしながら片付けますよ。 少しづつ。








little by little







オアシスのライブDVDにも収録されてて、ライブ版の方が切ない感じが強く出て良いです。
来日しないかな…
2008.06.10.Tue

e-mail



最近は近所のミニスーパー店主のヒゲからメールがよく入ってくる。
あまりメールのやり取りなどしない生活だったので多少面倒に感じたりしますが、メールが入ってくれば携帯電話も少しはその存在価値というものを発揮でき、また「こんなヤツ(僕)が持ち主じゃ腐るわ」と愚痴をこぼさずに済むというもの。
良い事だらけだ。
しかし、面倒な時もある。






今日もヒゲからメールが入ってきた。
「仕事前に店に寄りーな」と。
携帯電話には悪いが返事をせず、近所なんでヒゲの店まで歩いて行った。







携帯電話には悪いが、やっぱり会って直接話をするのが1番。
僕にとって君はスーパーサブ的な存在で十分なんだよ。
お互い依存し合わない関係でいよう。 大人な関係でいよう。
そう言いながら僕は携帯電話でブログを更新する、携帯電話にベッタリな駄目男であります。
2008.06.09.Mon

EURO2008



サッカーのEURO2008が開幕しましたね。 僕としてはヨーロッパで応援しているチームがイングランドくらいなので今大会はマンチェスター・ユナイテッド所属選手たちを応援してます。
といってもテレビ放送される試合は限られてくるので応援というか見守る程度ですが。
優勝に近いのはクリスティアーノ・ロナウドのポルトガルや、パトリス・エブラのフランス、ファン・デル・サールのオランダくらいでしょうか。
まぁ、前回大会はギリシャの優勝だったので今回もわかりませんが。








各代表の試合とか全然見てなくて、メンバーだけを見て優勝予想をしたいと思います。
今回はドイツじゃないでしょうか。 攻守バランスの取れたメンバーで穴はゴールキーパーくらい(?)ですので無難な予想になりますが、ドイツで。
2008.06.08.Sun

投げ出したい時だってある



あ、もうええわ。



とレンタルしてた「BLOW UP」という昔の映画を見るのを投げた。
カンヌ映画祭のパルム・ドールとか、哲学的作品だとか、60年代ポップカルチャーとか、スウィンギング・ロンドンとか、写真的な構図とか、もう知りません。 寝不足な時に見るんじゃなかった…
ごめんなさい、ミケランジェロ・アントニオーニさん。 正直クソ眠たくなる映画でした。 底の浅い僕のような男が見るような映画じゃありませんでした。 許してください。









では、気持ちを切り替え、「スタバ」こと「スタンド・バイ・ミー」のDVDでも見て懐かしーい気持ちになり、そして登場人物たちの抱える問題に、ともに涙しよう。






うん、でもクソ眠いし、夜も遅いから寝ることにしよう。






あぁ、仕事しかしなかったな、今日は…
2008.06.07.Sat

怒れる一人の日本人



昨夜、お腹空いたので深夜に吉野家へ夜食を食べに行きました。 昨日はなんだかんだと全く食事を取れず、仕方なく深夜の吉野家を決行したのです。
深夜だというのに吉野家には客が6人かそこら入ってました。
僕は席に着くも、新人らしき店員さんが一人では到底さばけない数の客を相手に四苦八苦していたので「遅くなるな」と覚悟した。
隣の隣の席のイカツイ兄ちゃんの元に牛丼の大盛りが持ち運ばれる。 僕は携帯電話でマンチェスターユナイテッドのモバイルサイトを観覧していました。
イカツイ兄ちゃんが「サラダくれや(サラダをください)」と新人らしき店員さんに言った。 店員さんは「少々お待ちください」と言って僕より先に店に入った客のオーダーを取ろうとした。
するとイカツイ兄ちゃんが「はよサラダ持ってこいや!!(早くサラダを持ってきてください)」と怒鳴りだした。 サラダを頼んで一分足らず。 えらい急いでるんだなと怒鳴ってる兄ちゃんを見た。 あいにく、普段は客席の前にある冷蔵庫に入っているはずのサダラが切れていた。 そしてイカツイ兄ちゃんも切れて(キレて)しまった。
新人の店員さんはオロオロとウロウロしてサラダを探していると、厨房のドアからもう一人の店員が顔を出し「サラダは冷蔵庫」と面倒くさそうに言った。
その言葉がイカツイ兄ちゃんの怒りに油を注いだ。
「お前!ぐちゃぐちゃ言っとる間にお前が出てきてサラダ取れや!!(ごちゃごちゃ言わずにあなたがサラダを取ってくれれば良くないですか?)」と面倒くさそうに顔を出した店員に怒鳴り散らした。 店内騒然。
奥のドアから出てきたベテラン店員は「僕は休憩中なので…」と弁解。
「なんやと!コラ、お前、忙しいんやから手伝いに来たらええやろ!(忙しいからあなたが手伝ってあげれば良いんじゃないですか?) イテまうぞ!!(殴りますよ!)コラ!!!!」
謝る店員。
おさまりがつかなくなるイカツイ兄ちゃん。 「あ?コラ、(新人店員を)イジメか?」
「あーー!コラ!! イテまうぞーー!!」もうヤケクソ気味のイテまう兄ちゃん。
「どーいうつもりや? コラ、お前何様じゃ!」
怒りのあまりもうサラダの事は頭にないらしい。 とにかくベテラン店員に殴りかからんばかり。
僕はイテまう兄ちゃんのいう事に少し賛成だったので、とにかく見ていた。 さすがに新人じゃなくても一人で6人くらいの客をさばくのは難しいでしょう。 イテまう兄ちゃんの言う通り手伝ってあげるべき場面だった。 さすがに殴りかかれば止めたと思いますが、イテまう兄ちゃんもそこら辺は大人である。
もうええわ!と言い千円札を投げて帰ろうとした。 ベテランは「お金は結構ですから」と言うと「イテまうぞ!!」とまたも罵られる。 「では牛丼のお代だけいただきます」と言いレジを打ち、おつりをイテまう兄ちゃんに渡そうとするベテラン。 おつりを受け取るイテまう兄ちゃん。 受け取るんかい!
イテまう兄ちゃんが怒り、イスを蹴ったは良いが、兄ちゃんが履いてたサンダルが僕の足元に飛んできて、僕はとにかく「なんでこっち飛んでくんねん」とサンダルを呪った。
鼻息を荒げながら僕のトコに来て狭いスペースに器用に飛んできた僕の足元のサンダルを足をクネクネさせて履き帰っていった。 ドアは荒々しく閉められ静寂がしばらく続いた。






久し振りにキレにキレまくった人を見ました。 でも、ワルな兄ちゃんではなさそうでしたので幾分かは安心して見れましたが。 穏やかな町にはこういう荒々しい人がつきものです。
ま、吉野家の店員にはなりたくないかなって今回で思いましたが…
2008.06.06.Fri

owner



今日は近所のミニスーパー店主のヒゲとヒゲのお友達の3人で車屋さんへワーゲンを見に行きました。 ヒゲのスーパーが閉店してからなので夜9時頃ですか。
旧車と呼ばれる僕より年上な車たちを見て回ったんですが、良かったですね。 味と言いますか、当時のデザインセンスと言いますか、貫禄といいますか、とにかく僕は雷に打たれたかのような衝撃に見舞われたワケです。
その車屋(整備屋?)のオーナーである「ボス」と呼ばれる方とお話してきました。
ボスのワーゲンへの愛情は異常としか思えないくらいで、たくさんの話を聞いてきました。
その後はヒゲの閉店した店の中でワーゲンの話をし、僕を旧車ワーゲンの世界へと誘おうとヒゲやヒゲのお友達は旧車の魅力を語った。
調子のって旧車とか乗ってみようかな、どうしようかな…
2008.06.05.Thu

ジョゼと虎と魚たち



ジョゼと虎と魚たち(通常版)ジョゼと虎と魚たち(通常版)
(2004/08/06)
妻夫木聡










恒夫(妻夫木聡)は、雀荘でアルバイトをしている大学生。 最近、麻雀屋で話題になっているのは近所に出没する婆さんの事。婆さんはいつも乳母車を押して歩いている。 恒夫はある日、偶然乳母車に乗っているその少女に遇った。それが、ジョゼ(池脇千鶴)との出逢いだった。
(wikipediaより)







「ジョゼといえば、モウリーニョ」なサッカー馬鹿でありますが、ひさしぶりに恋愛映画といいますか、なんか昔を思い出しショボーンとなる映画を2日続けて見てしまいました。 暇だからってこんな風に自分を追い込むのはいかがなものかと。
とにかく、見てしまったので感想を。 ネタバレがあるのでご注意を。
なんとなく引っかかってた事は調べたところ原作小説が1984年だという事を知りスッキリ。 結構昔の小説が原作なんでジョゼの扱いに違和感があったんですね。 そこを21世紀風にアレンジする事はできなかったのでしょうか?
普通の大学生の男と足の不自由な女の恋の物語です。
まぁ、あんまり長く細かく感想を述べず、ざっくりと書かせてもらいます。 なんだかショボーンとなるくらいの破壊力はありました。 細部にわたりファンタジーの中にリアリティが潜んでます。 まず若さですね。 恒夫(妻夫木聡)は足が不自由で不思議なジョゼ(池脇千鶴)を好きになり、まぁ結ばれるワケですが、途中から(最後は)足が不自由だとか色んな事が面倒臭くなるんですよね。 なんかね、わかるなぁ。って思いましたね。 その癖、別れてから新しい(?)彼女の前で泣き出すし。 なんかね、わかるなぁ。って。
とても良い映画だと思うんです。 でも、気になったのが、とても断片的だなって事です。 例えば虎のエピソードだったり、魚たちについてだったり、ジョゼが母親になった部分だったり。 「とにかく入れときました」的な仕事が見えて残念です。 もっと物語の流れに絡むのかと思ったんですが、あっさりと「はい、どうぞ」的なね。 少し残念です。
まぁ、ご覧の通り感想書くの難しい映画です。 でも、良かったですよ。
2008.06.04.Wed

少年たちは花火を横から見たかった



打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
(1999/08/07)
REMEDIOS











小学生の典道と祐介は仲の良い友達だが、実は二人とも同級生のなずなのことが好きだった。しかしなずなの両親が離婚し、彼女が母親に引き取られて二学期から転校することになっているとは、二人には知るよしもなかった。 親に反発したなずなは、プールで競争する典道と祐介を見て、勝った方と駆け落ちしようと密かに賭けをする。 勝ったのは祐介か? 典道か? 勝負のあとから、異なる二つの物語が展開する。
(wikipediaより)









なんとなーく、ひさしぶりに見たんですよね。 DVDレンタルする時に目に付いて、古いし別に今見なくてもいいって思いながらもこのDVDに目がいった。
やっぱいい作品です。 子供を解ってる脚本だなって。 岩井俊二監督の映画ってあんま見てないんですが、多分この作品が1番なんじゃないかなって思うほどなんか魅力のある映画です。
大人が見るからなのかどうか分かりませんが、子供の頃の曖昧で軽率で単純で我儘な「ぼんやり」した感じが上手く出ています。
1時間くらいの作品でサクっと見れてジーン(キュン?)とくる映画です。 オススメです。
2008.06.03.Tue

water



この夜勤が終われば3連休なんです。
故郷に帰りオープンしたばっかの友達の理髪店に向かいたい所だけど給料日前。 非常に苦しい懐と相談するも「故郷に帰るのは構わんが今の状態だと三重県に戻れなくなるぞ。ガソリン代の高騰をなめるな」と乗り気ではない。







今度余裕のある時に帰ろう。 僕は少し落ち込む。
3連休は寮でゴロゴロだな。 DVDでもレンタルして見よう。





オープンなのに行けなくてごめんなー。
2008.06.02.Mon

お歯黒女



昨日、テレビドラマのDVDを見ていたんです。 一話完結のドラマなんですが、3話目が「お歯黒女」というタイトルでして。
その中で10年後の自分へ出した10年前の自分が書いた手紙が出てくるんです。







仕事場のシムラさんに「10年後どうなってるんですかねぇ?」と聞いてみた。
シムラさんは「何がです?」と当たり前のように質問の意味が掴めていなかったので「僕等です」と僕は言った。
10年後は40歳手前。 両者ともに今の仕事は辞めているだろうと予想。
僕は構わないが、家族のいるシムラさんはそんなんで大丈夫なのだろうか?
「10年後、息子さん高校生ですか。やっぱボンタンに短ランですよね」と僕が言うと「裏ボタンにエナメルのベルトです。」とのってきてくれた。 漫画「特攻の拓」の話をして以来、不良の話で盛り上がる事がしばしば。
「それより、車のローン通るかなー」と嘆くシムラさん。 通勤用の車を買うシムラさんは家のローンがあって車のローンも組めるかどうか心配している。
そりゃそうか、今の事で手一杯で10年後の自分なんて気にしている余裕ないわな。








昨日DVDで見たテレビドラマの「お歯黒女」というタイトルの第3話におもちゃの「人生ゲーム」が出てくるんです。
お歯黒女から脱皮した女性は言うんです。
「人生ゲームって1番お金を持ってる人が勝ちじゃないんだね」
僕は人生ゲームをちゃんとやった事がないので人生ゲームでの勝者の条件を知りません。
どうすれば人生の勝者になれるのか…






まぁ、別にそれは知らなくてもいいかな。
2008.06.01.Sun

アイフォーン



時勢とやらに疎い僕です。 知らない事とかたくさんあって恥掻いたり、知ったかぶりすらできません。
世の中の流れから疎外され隅っこの方でちっちゃくなっている僕に情報が飛び込む。
どうやらアップル社製の「iPhone」が日本でも発売されるらしい。 そのキャリアがsoftbankらしいのです。
softbankユーザーであります僕は喜びました。 しかし正式発表がまだなのでなんとも言えないのが正直な所。 発表は今月中(?)との事。
iPod touchを触ってから、あの楽しい操作感覚に魅了されてしまい欲しい欲しいとブツブツ呟いていたのですが、iPhoneが手に入るかもしれない! そんな衝撃的なことをここに書かずに居られるか。と書いてみましたが、ただのニュースサイトのコピペみたいな内容で上がったテンションを持て余した感があるのは正直認めます。
それに、ただの電話にわーわー言っているのもそこそこ恥ずかしい。
とにかく、あの操作感覚を手に入れる事ができるのは嬉しいが、土壇場になって他社による発売なんてサプライズはいりませんから。









というか、iPod持ってるし携帯電話なんかあんま使わんし…  ん? 必要なのか?

 | HOME |