FC2ブログ

2008年08月

2008.08.30.Sat

バタアシ金魚



bataashi








ほらもう、こんな調子ですっかり不定期更新ブログと化しました。 好きな時に書いていきます。
故郷の僕の部屋の本棚にはマンガ本がいくつか並べられていて、よく見ると吉田聡と藤堂裕と望月峯太郎のマンガしか置いてなかったり。
それで故郷での空いた時間に「バタアシ金魚」をちょこっと読んで。 もう何年ぶりだろ。 ホントちょこっと読んだだけだったので三重県に帰ってきてブックオフで安価のバタアシ金魚を古本で全巻買って読みました。 全6巻ぶっ通しで今読み終えた。
では、せっかくなのでホクホクのうちに感想を。






物語の説明はこの漫画に色んな要素が詰まっていて(逆にどこにも属さない感じか)どう説明しても偏った説明文になってしまいそうで省略。 機会があれば読んでくださいという事です。
高校の水泳部に所属のソノコとそのソノコに一目惚れし同じく水泳部に属したカオルがメインキャラクター。 ソノコの気持ちを無視(?)したカオルの片思い(?)が暴走しつつ、そこに水泳が絡んで、とにかくカオス。 しかし、カオルという個性を生かしつつ水泳や恋の話を地味に進めていく作者のバランス感覚は奇跡ですよ。
水泳にも恋にもそっぽを向かれながら鬱憤とした気持ちを引きずり回して余計ごちゃごちゃと事を荒立てながら進み続けるカオルというキャラクターに大馬鹿だなって思ったり、どこかで自分とシンクロしたりと妙な読後感も特徴ですかね。 無茶苦茶に暴れているカオルの行動に周りのキャラクターの反応もちゃんと描かれ抜かりなし。 カオルのキャラクターさえ受け入れる事さえできれば完璧と言って程のマンガだと思います。 マンガの中ではカオルの存在が多少許容されていて、そこら辺に拒否反応がでる人もいるかもしれませんが。 あくまでマンガの中のキャラクターだという事で。
なんか、全巻読み終わって「いいもの読んだなー」ってホクホクしました。 こういうのひさしぶり。
スポンサーサイト



2008.08.27.Wed

低めのテンションでお送りします



三重県へ帰ってきました。
三重県へ帰ってくると、こうも書くことがなくなるんだなと関心さえします。 更新が途絶えたという事も影響していますが、やる気なさ過ぎです。
とりあえず、無事三重県に帰ってきたよという報告を今日は書いて終わりにしようと思います。
明日から徐々にモチベーション上げて書いていきます。 というか、夜勤眠いわ。
2008.08.26.Tue



サボってたり、忘れてたりしてたわけじゃなく。 思いっきり言い訳しますが、家のインターネッツが死亡遊戯で、携帯電話の電波も途切れ途切れ。 繋がってもブログがエラーで更新記事が書けず。
なのでここにきて毎日更新記録が途絶える。 この勢いでブログをやめようかと思ったけど、なんか故郷に帰ってきて書きたい事がいくつかあるのでめげずに書きます。








昨日は高校時代、サッカー部でともにボールを追いかけっこしてた友人の建てた家を見せてもらいに行った。 黒を基調としたシンプルで綺麗な家で僕は「同級生が家買うとるわ、わしらもそんな年齢か」ってパーマ頭は黄昏。 友人の娘さんはもうすぐ3歳。 初めは人見知りしてましたが、慣れると酔っぱらった部長レベルのセクハラが発動するので困る。 ま、かわえーなー言いながら嬉しそうに遊んでもらいましたが。
その友人宅で晩御飯を頂く、友人夫人は「わたしが作るカレー美味しくないで」とディフェンシブな発言を強調するので「美味しくないカレーとか食った事無いで」とカレーの偉大さ、その美しいまでの包容力を説いてやろうかと思っていたのですが、長くなるのでやめた。 カレーは普通にやっぱり美味しかった。 そんな奥さんの為のカレーなんですよ。
友人とは冬に行われるサッカーのクラブワールドカップを見に行こうと約束した。 チケットが取れればいいんですが…








夜はフットサルの練習に参加してまして。 まぁ、このブログをよく読んでくれている方なら知っていると思いますが、どうにもこうにもならない足技を披露し、いつも通り無駄に頑張ってきました。
終わってから昼間とは違う友人の家にお邪魔し、顔がグロいという理由だけでとりあえず焼かれ放置されていた魚を頂く。 脂が乗って美味しかったです。 三重県では魚とかあんまり食べないですからね。 その後は懐かしのテレビゲームで遊び、これが面白くて面白くて。 遅い時間までお邪魔しちゃいました。
帰ってブログの更新が出来ず、腐った。





それでも今日はまだ蝉がその鳴き声を高らかに。 まだまだ夏ですよ。
今日、三重県に帰る。
2008.08.24.Sun

日記



さきほどですね、書いていた記事がエラーで消えちゃったんですよね。 しかも実家のインターネット環境に不具合があって携帯電話で更新してるんですが、やりにくい。 眠いし、もーいや。



いやいや、簡単にですが一日を記します。
昼起床。 寝癖かパーマか、卵が先か鶏が先かみたいにどっちか分からず呆然と鏡に映る髪の毛を見てました。 助けを求め理美容師の友達のトコに行く。も、どうにもならず二人諦める。



夜は仲間たちと食事に。 久し振りに疲れるくらい笑いました。 今日もなんか無茶苦茶になってましたけどね。 面白かったです。
明日はフットサルの練習に参加予定。 体力面での心配がもの凄いありますが、怪我しない程度に頑張ってきます。
2008.08.23.Sat

パーマネント・ヴァケイション



雨に視界を奪われストレスを抱えながら運転。 雨の日は乗らない。 いくら愛する車でもストレスとのドライブは勘弁。 雨降ったり、晴れたり。 イライラしたり、歌なんか歌ったり。
なんだかんだで5、6時間かかって帰郷。
仕事で休みを取り遅くなったお盆休み。 夏休み。 三重県から故郷への長いドライブが終わって一息つかず友達が経営する理美容室へ行き髪型を変更。 ナチュラルウェービーな髪の毛が売りの僕がパーマネントウェーブを追加してみる事に。 更に巻いてみました。
過去に一度パーマネントウェーブをマイヘアに追加したことがあり、その時は巻き過ぎてパンチ気味に発展してしまいトラウマになりました。 今回は雪辱を晴らすべく再挑戦…
ま、どうなったかは秘密です。
2008.08.22.Fri

雨やどりサバイバー



雨降ってますね。 愛車のハッピー2号は雨が降るとガラスというガラスが曇ってしまいます。要するに、視界という視界を奪われてしまうのです。
明日も雨が降るみたいですね。 明朝の帰郷はサバイブしなければいけないな。
無事帰郷できますように。 安全運転で帰ろ。
2008.08.21.Thu

太陽が沈む前に



僕の住む所はもう朝夕と涼しくなってきて。 さぁ、夏休みだ!と嬉しそうに有給休暇を取ればこれだ。 なんだか寂しい。 出遅れてる感が悲しい。
でも休みなのは素直に嬉しい。 どっちやねん。






今日も平和です。 特に僕を悩ますような事柄も無く、何かに困ってもいない。
信号待ちに夕暮れ空を眺めて「きれーだ」なんて思って。 平和を通り越してイタイ感じになってたり。
そのくせ、余裕がありそうで「このままじゃダメだなぁ」と変な危機感持ってたり。 ま、そういうのも含めて平和なんですが。
年齢を重ねてくるとこうも丸くなるもんなんですね。 気持ち悪い。


2008.08.20.Wed

film



有給休暇をもぎ取ったので帰郷します。 今週末。 さすがにお盆時期は皆が有給休暇を取っていた為、少し時間差を置いて休みを貰うことに。 夜勤を2日乗り越えればそれはやってくる。
とにかくお墓参りに行く事だけは決めていますが、それ以外は特に決めてない。 まぁ、てきとうに。






今日は仕事場で「作業を教える」という事にチャレンジしてみましたが、これが難しい。 僕自身、賢くないので教えてもらうより、自分でやっていき、間違えたりしながら覚えていく人なのでいざ教えるとなるとどう説明したらいいか解らない。 「これをこうしてこうやると良い」と言ってみても作業意義の理解がないと応用が効かなくなる恐れあり。 これは教えるというのとは違うように思う。
だからといって「これはこの為にあるから、ここがこうなっているわけで、だからこことここが…」なんて言葉だけで説明しても僕なんかの場合余計混乱を招くだけだと思うんです。 相手によりけりだとは思いますが。
結局最後は「まぁ、慣れてください」と言って教育放棄したり…
「教えてもらった事」ってのは、その時点ではまだ他人のモノだと思うので、やっぱり自分でやっていかないと理解するのは難しいと思う。
僕は知識なんてのは他人のモノであんまりアテにしてない。というひん曲がった性格の持ち主なので、こと教えるという事についてはこれ以上無い不向きな人間なわけで。
あーもう、誰か上手な教え方を教えてください!
2008.08.19.Tue

シートの下から溢れ出す音楽に溺れて



昨日、愛車のハッピー2号に搭載するカーステレオを購入。 近所のミニスーパー店主のヒゲとワーゲン仲間のテンさんと取り付け作業を始めた。 仕事が終わってからなので夜9時過ぎ。
主にヒゲとテンさんが配線の整理や取り付けの為のコードを足したりしてくれた。 スピーカーはシートに下に設置。 僕は「あれ取ってー」とか言われるとそれを渡したり、飛び回っている蚊を退治するのが主な役目だった。 すなわち役立たずでございます。 産まれてきた事を誰にでもなく謝りたくなった。
そんな冗談は置いといて、配線がみるみる整理され、何回かの休憩を取りながら設置完了したのが24時前。 僕の車にカーステを付ける為だけにみんな汗かいて、蚊に刺されて… 冗談っぽく「yutakaの車やし適当でええか」と言いながら素晴らしく綺麗にコードを目立たないように隠してくれた。 遅くまで作業してもらったし。 本当にありがたいです。
ちょっと頼りない古いワーゲンを買って良かったな。って思えるのはこういう時なんです。
2008.08.18.Mon

Wings of Desire



ベルリン・天使の詩ベルリン・天使の詩
(2006/04/21)
ブルーノ・ガンツソルヴェイグ・ドマルタン











ヴェンダースの映画は少しでも眠ければそれが致命傷になるし、テンポもゆっくり。 そりゃ、見ながら3回ばかし気を失います。 とにかく体調の良い時に見る作品ですね。
DVDが安かったので買ってみました。





守護天使ダミエル(ブルーノ・ガンツ)は、長い歴史を天使として見届け、人間のあらゆるドラマを寄り添うように見守った。だが親友カシエル(オットー・サンダー)に永遠の生命を放棄し、人間になりたい、と打ち明ける。やがてサーカスの舞姫マリオン(ソルヴェーグ・ドマルタン)に想いを寄せるダニエルはついに「壁」を東西に隔てる街・「ベルリン」に降り立った…。
(Wikipediaより)





まぁ、なんというか「暇を持て余した天使達の遊び」という感じなんです。 普通のドラマの感覚で見ると台詞全てが気持ち悪いです。 なので、役者さんは役を演じながら詩を読んでいるという感覚で見ると我慢できます。 まぁ、天使が出てくる時点である程度の覚悟は必要です。
でも、本当にこの映画の事を理解しようと思えばもっとベルリンについてとか知っとかないとダメだと思うんですね。 東西冷戦のベルリンでの市民の絶望感すら天使には希望に見えて、つまりそういうメッセージとして僕は鑑賞しました。 3回気を失いましたが…
ラブストーリーとしてみると気持ち悪さが際立つので、詩による演出のされた人間ドラマという風に見れば問題ないと思います。
2008.08.17.Sun

petrol



今日は来るべき帰郷に備え、愛車ハッピー2号のメンテナンスの為にワーゲンショップに行ってきました。 そうです、帰郷はハッピー2号で帰ろうと思っているのです。 少し無謀だ。
しかし、冬物の衣類や布団が部屋を占拠しているのでハッピー2号に積んで帰ろうって思ったのです。






ワーゲンショップは、ワーゲンの旧車をセカンドカーに。なんて優雅な方達が「自分の車は自分でイジれ」という(経費削減も含む)ポリシーを持った紳士達が集う場所。 それでも、旧車ワーゲンをガチで実用車として使用する僕みたいな庶民にもワーゲンショップのボスは優しい。





今日はワーゲン仲間のダイさんとショップへ。 ワーゲンボスに「あの車(ハッピー2号)で帰郷しようと思っているんです。 結構な距離があるんですが、大丈夫でしょうかね?」と聞くと「ガソリン入っていたら大丈夫」と軽く言った。 ワーゲンは丈夫だという事でしょう。 「オイルとか交換していったら?」と僕の不安を和らげようと言ってくれた(と思う)。
「じゃ、オイル交換します」とボスに言うと「自分でやりなよ」とオイルが入った容器を渡された…






一緒に来ていたダイさんは「自分の車の事は誰かにやってもらう」というポリシーの持ち主であったが、今日はダイさんのワーゲンの前の車高が低いので自分で車をジャッキで上げ車の下に潜り車高の調整をボスや作業をしているお客さんに聞いたりして頑張ってました。 車高を調整し終わったダイさんは「自分でやると達成感があるな」と嬉しそうに言ってました。






僕はオイルまみれになりながら初めてのセルフオイル交換を遂行。 自分でなんでもやっていくと愛着は倍です。
ダイさんは「また行こうな」と自分で直していく楽しさに目覚めたらしい。 僕はもう少し涼しくなってから車を直していきたいと冷静に思っています。
2008.08.16.Sat

新シーズン



オリンピックで盛り上がりの中、失礼します。 サッカーのイングランドプレミアリーグが開幕しましたね。 毎年行われるリーグ戦なんですが毎年つまらないオフシーズンの後の開幕戦はやはり興奮します。 昇格してきたチーム、ユニフォームが新しくなってたりと毎年新鮮な気持ちで開幕戦を迎えますが、僕の応援するマンチェスター・ユナイテッドは補強なしで開幕戦へ。 相手はアラン・スミスのいるニューキャッスルです。
仕事が休みの日に試合があるので見ちゃおう。
2008.08.15.Fri

花火大会



なにやら、今月の23日に僕の住んでいるトコの近くで花火大会があるらしく、友人のクズリから見にいこうと誘われている。 僕はいつも通り彼のメールをスルーしていたら、さっき全く同じ内容のメールが届いた。
未定ですが、有給休暇が花火大会の前後あたりに取れそうで、多分故郷の方へ帰ります。 のでクズリには悪いが花火大会は行けない。
今年も夏のイベントに全然参加できず… ここ何年かは夏らしく過ごせてないなぁ。
クズリには別の友達と行ってもらおう。 メール返さなきゃな。
2008.08.14.Thu

born slippy



今日は眠くて眠くて仕方なかった。 元をたどればサマソニ08,11が原因っぽい。 あの夜勤明けに遊んだ為にリズムが崩れた。
クズリめ。
いや、クズリは関係無くいつも日勤より夜勤の方が体調良い。 日勤はいつも辛い。 ベースが夜型らしい。 不健康なこった。
明日から夜勤が2日あります。 一人ノリノリで仕事しよう。 いっそ夜勤だけの勤務なら睡眠コントロールとか必要なくて僕は楽なんですがね。
そういや、お盆って感じはやはりせず。 お墓参りとか随分行ってないなぁ。
ま、愚痴ったってしょうがない。 今日はおとなしく寝よう。
トレインスポッティングのサントラ収録曲のUnderworld「Born slippy」を聞いて寝よう。 やっぱこれかっこいい。





Born slippy








あれ? Underworldってこんな黄色い人達だったっけな?
…すいません。 良い動画がなくて「世界でいちばんダサいシリーズ」のBorn slippyでした。 こんなん見たら寝れなくなるな。
2008.08.13.Wed

made in the dark



あらら、タバコを切らせてしまった。 買いに行かなくては。
重い腰を上げ往復3kmの旅。 仕事帰りに降ってた雨は止んでたのでラッキー号(原付バイク)に乗って旅立った。 雨上がりと夜のお陰でここ数日の暑さが嘘のように涼しい。
コンビニにてタバコを2箱買う。
コンビニを出てラッキー号で走り出しながらいつもは視界を通り過ぎるだけの『景色』たちをひとつひとつちゃんと拾いながら帰ろう。 なんて思ったんです。






ミラーに映る黄色の点滅信号。 オレンジ色の街頭。 横断歩道の標識。 広い静かな駐車場。 すれ違う軽自動車。 夜。 なんかよく分からない甘い匂い。 制限速度。 それ以下のスピードでトロトロ走るラッキー号。 古い漫画調の絵が描かれた看板。 自動販売機。 膝の破けたジーンズ。 道路脇の畑。 山。 もひとつ夜。 を薄明かりで邪魔する月。 の上の一等星。 真上の電線。 ごみ捨て場。 ヒゲの店。 見飽きた駐車場。 見飽きた駐輪場。 エンジンが止まりおとなしくなったラッキー号。 鍵が回る音。 開くドア。









はい、ただいま。
2008.08.12.Tue

bottom of the world



夏の暑さにいいようにやられております。 皆様、夏バテとかにボッコにされぬ様お気をつけください。
ぼちぼちお盆休みとか突入って方もおられるでしょう。 僕も何人かの友達から「盆休みは(故郷に)帰ってくるんか?」とのお便りを頂きましたが、お盆は労働です。 しかし、腐ってはいけません。 今は愛車のハッピー2号に搭載しようと思っているカーステや撮った写真をPCに取り込むスキャナや聴きたい音楽等いろいろと欲しいモノがあるので頑張って労働です。






ハッピー2号のボディの汚れが目立ってきた。 ここは洗車してあげなくてはと思うのですが、如何せん最近は何においてもやる気が全く無いし暑いし。 かといって自虐的な事をつらつら考え「駄目ですなぁ」と嘆くわけでもなく、とにかくだらだらと時間が過ぎるの見送っているだけで。 健全かどうかは別にして、もう何でも来いって感じです。
暑さの尻込みを待ち、少しでも涼しくなれば洗車してあげようと思います。 洗車してあげればスッキリするのは車だけじゃないと思うので。
夏は動いて働いて、汚れも味という事にして。
2008.08.11.Mon

summer sonic08.11



今朝仕事が終ってから元仕事仲間のクズリとクズリ友と合流し昼食をいただく。
昨日のサマソニの話を聞く。 3人パスタをちゅるちゅる言わせながら。
一番初めに見たアーティストの名前を二人は忘れていて「REDって名前につく」と言っていたので多分BLOOD RED SHOESだと思います。 そこからNEW FOUND GLORY、ZEBRAHEAD、PANIC AT THE DISCO、LOSTPROPHETSと見てきたようだ。 ヘッドライナーは帰る時間の関係で見れなかったとのこと。 the verve、PAUL WELLER、PENDULUMとか帰れなくなっても僕は見てたと思うヘッドライナー陣。 帰れなくなったら確実に困るだろうからクズリたちの選択は正しい。







食事後はクズリが好きなカラオケに行く事になり僕も連れられて行きました。 狭いカラオケルームを超小規模サマーソニック会場という事にして3人思い思いの見たいアーティストを歌いました。
クズリはボン・ジョビ(ジョヴィ?)とブリトニー・スピアーズを交互に歌うという妙なローテーションを組み、クズリ友は驚きのHelloweenを歌ったりしてた。
これまあ見事に散々な3人のステージングに僕は失笑しっ放しでした。 途中夜勤明けの体だったので僕は睡魔との闘いに終始していたましたが。
そこから帰ると思いきやクズリが「お好み焼き食べたい」と言い出し食べに行く事に。 クズリの車での移動だったのでちょっとは無理も聞いてあげないとな。と優しい僕は思ったわけです。 それにクズリと会う事もそうないでしょうから。
お好み焼きの後はさすがに解散。 まぁ、久し振りに友達と遊んだので気分転換にはなりました。
では、眠いのでここらへんで。
2008.08.10.Sun

迫力があったらしい



今日は前まで一緒に働いていたクズリが夏フェスのひとつサマーソニック08に参加した模様。
フェスどうだった?とメールで聞いたら「迫力あったよ」と短いながら彼らしいシンプルな返答だった。
クズリは彼の友達とフェス参戦だったので詳しい話はクズリ友に明日聞くことにしよう。
どのアーティストを見てきたのかをこれまたメールで聞くと彼らの好きなパンク(パワーポップ?)バンドばかりでした。 せっかくのフェスなんだから普段聞かないジャンルとか見てくれば良かったのに。
僕が行けば多分会場を渡り歩いてると思います。
ま、フェスの楽しみ方は人それぞれですよね。





来年は20代最後の年なんで必ずフェスに参加しよう。 参加しとこう。
来年は今日みたいな記事は書かないぞ。
2008.08.09.Sat

きっかけ



今日、仕事に行く前に「餃子の王将」へ晩御飯を食べるために行ったんです。 カウンター席について注文を済ませ携帯電話でサッカー情報を見ようと携帯いじってたら隣の初老の紳士が話しかけて来たんです。 「その電話指でこうして動かすヤツやな」とアイフォーンが気になった模様。
「ええ、そうですよ」と返事をすると初老紳士は次から次と質問してきた。
値段は高いのか? どこの会社の製品だ? とか色々。 相手が初老なので、どう説明したらいいか僕は困る。 契約条件や契約プランなどで値段が変わったり、とにかく困った。
僕は「どうなんでしょうね~」とか適当に答えて場をしのいだ。






あれですね、携帯電話ショップで働く人って大変ですね。 こういう初老の方がショップに来たら何から何まで説明しても分かってもらえるか。 僕なんか説明するの下手なんで無理ですね。





初老紳士は中華丼を食べてたんですが、全部食べることができず残した。 「多いな。全部食べれんわ」と僕に言った。 僕は「ほんと、多いですよね」と返した。
初老紳士が店を出るときに僕に向かい「じゃ、お先」と言って去って行った。 すっかり知り合いになってしまってた。
2008.08.08.Fri

北京オリンピック開幕!!



どうでしょう、あまり楽しみにしてなかったのに書くことないからって無理して題名にオリンピックを入れてみました。
男子サッカーさっそく負けとるし。 サッカー以外ではBMX(自転車)や格闘技系の競技は見たいかなって程度です。
でも、地上波で流れるスポーツってだいたい決まっているのでオリンピックじゃないと見れない種目もありますよね。 それに、やっぱりスポーツ見るの好きなんでテレビで流れると日本を応援しちゃってるんですよね。 そこらへんはちゃんと日本人なんだなって。






あー、もうオリンピックについて書く事ないわ。 …終わり!
2008.08.07.Thu

管理人失格



当ブログの管理人は僕だ。 このブログを管理している管理人なのであります。
しかし、残念な事にブログを始めて昨日でちょうど2年が経ったという事を忘れていた…
la vita continuaは3年目に突入しました。 3年目もグダグダな記事で埋め尽くされると思いますが旅は道連れ。 よろしければこれからも読んでやってください。








というかね、3年目突入だって全然忘れてて、仕事中に思い出したときはこんな感じでした。。。 ↓











…古いネタですいません。 馬とか、織田裕二とか全く関係ありません。 地球のピンチにドリフとか、こういうの好きなんです。
暑い中、暑苦しい動画失礼しました。
3年目もどうかよろしくお願いします。
2008.08.06.Wed

QUADROPHENIA



さらば青春の光さらば青春の光
(2005/05/27)
フィル・ダニエルズ









ひさしぶりに映画を見たんです。 この映画VHSでも持ってたんですが、やっぱDVDの方が画質が良いですね。
内容はイギリスで1960年代に起こったモッズ・ムーブメントに溺れた若者たちのお話です。 やっぱ暗い映画になってます。 ジメっとした青春映画です。
主人公ジミーの苦悩が映画のメインとなる所なんですが、ファッションや音楽を取り上げられる事が多いですね。
モッズというムーブメントの真ん中にいて、ドラッグやパーティで仲間たちと暴れ楽しいはずなのに全然楽しめないモヤモヤとした気分があって、ちょっとうまくいかなくなったら投げ出して。 みたいなダメな感じが好きで。 ベタなんですけどね、話自体。 なんで、やっぱファッションや音楽や青臭さ等を楽しむ映画という位置づけにしときましょう。
2008.08.05.Tue

beat maker



最近はアイフォーンに入れたbeat makerというアプリケーションで遊んでます。
名前通り色んな音を組み立てビートトラックが作れるアプリケーションです。 今は、ただ適当にパッドで音出しても楽しいのですが、そのうち下の動画くらいのトラックは組んでみたいな。なんて思ってます。 できるんかなぁ…







beat maker
2008.08.04.Mon

my football team



ひさしぶりにサッカーの事でも書こうかな。
僕が応援するマンチェスター・ユナイテッドは動きがなく、死んでいるんじゃないかと思うくらい。
まぁ、原因は背番号7番さんが移籍がはっきりしないからだと思いますが。 どうなるんでしょうか。
僕は前線の選手の補強は必要だと思うんです。 後、余裕があればサイドバックを。 フォワードは大物ではなく、スーパーサブな選手。 味方を活かせて動ける選手。 グジョンセンみたいな選手が良いですね。
でも実際は大物選手を獲得するんでしょうね。
7番さんの動向次第ってのもチーム的にどうなんだと思いますが。 どうなるにせよ、マンチェスター・ユナイテッドを応援するので関係ないんですがね。
それにしても、今日も暑かった。
2008.08.03.Sun

ソーダ



今日は夜勤で、通勤時に公園へむかう人の群れがあった。
家族連れや浴衣を着た女の子が見えたので今日も祭りか。 夜に集まるって事は花火どっかーんか。 なんにしても僕は仕事だ。





この前まで一緒に仕事をしていたクズリから「11日遊ぼう」というメールがしつこく入ってくる。 これが女子からのメールならば即座に返すところですが、相手はクズリ。 しばらく放置してても構わないだろう。 どうせ11日に遊んでもサマソニの話を聞かされるだけでしょうから。
ま、明日返事しよ。





ちょっと最近やる気なさすぎ。 自分。
2008.08.02.Sat

reality check



Reality CheckReality Check
(2008/03/18)
The Teenagers












そういや、昨日&一昨日は僕の住む町で祭りがあったみたい。 故郷でも祭りがあって、明日あたり花火どっかーんって感じだと思います。 僕は仕事でどちらの祭りにも参加できず… なんというか、8月入ったばっかで言うのもなんなんですが、僕の夏を返してください。 もう、ついでに言うけど、あわよくば僕の青春時代も返してください。 失くしたワケじゃなく、自分が悪かったんだろうけど、とにかく返せ! 今度は無駄しませんから。
えーと、なんか勝手にノケモノにされた気分になって自棄を書いてますが、今日も音楽紹介。
名前! The Teenagers!! もうこの年齢になると眩しくてバンド名すら読むことできません。 フレンチなバンドです。 というか、ジャケットはなんとも言えない恥ずかしさが… もう。
名前通り青い感じがとても良いです。 とりあえず、よかったら聴いてみてください。








Homecoming
2008.08.01.Fri

beer fes.



会場は会社敷地内の芝生スペース。 無料で酒が飲めるという事で社員たちはこぞって参加。 ステージスペースではカラオケを歌い微妙に盛り上がる。
今日は仕事場で「ビール祭り」という催し物があった。 たしか去年も開催され記事にも書いたはず。






そんな、祭りで微かに賑わう会場を離れ、会社内の検査作業ブースへ。 僕が作業しているこの場所は、賑わいとは無縁の地味で乾いた笑いの響く、それはもうとてもみっともない場所であります。 今日はここが舞台。
僕は座って作業をする。 隣には我が社の係長が座り、同じく作業してます。 「ビール祭り行くんすか?」と係長に聞く。 「行かんよ、あんなに人がいっぱいで暑いのにビール飲んでも美味しいないやろ」と言う。
この係長は見た目が少し怖くて、初対面時は多少緊張した。 でも、なんて事はなかった。 見掛け倒しだった。 怖いどころか面白い人です。
口癖は「ふっざけんな!」と怒った風に怒鳴る。 初対面の人がこの口癖を聞いたらビックリすると思いますが、係長を知っている人はボケが発動したと笑うのです。 真顔で言った後にフォローもしないので本当に怒っているかどうかは謎な時もありますが、僕はとりあえず面白いので笑ってます。 いや、かなり良い人ですよ。
前に、(僕が)車を買ったと係長に言うと係長は「何cc(排気量)?」と聞いてきたので「1600です」と答えた。 係長は「なんて車?」と聞いてくる。 僕は「1600です」と返すと係長は笑って「1600か、日産か?」とまだ聞くので「1600です」とからかったりします。 係長は「1600ばっかりやないか」と呆れて笑ってました。
今日、一緒に作業してて特に話す事もないなと“例の”質問をしてみた。
「係長は幸せですか?」
すると即答で「普通やな」そして続け「普通が1番」と言った。 また普通って答えられ困ったが、どうやら普通が本当に1番だという自身があるみたいで僕はなんか納得した。
そこから何故か係長と係長の奥さんとの出会いの話になった。
「奥さんとどうやって知り合ったんすか」と僕。 「自然とこうなった」と意味不明な答え。 質問に真面目に答えてくれない。 「ちゃんと答えてくださいよ」と僕が言うと「車何買ったか教えてくれんやん」と返答… 根に持ってたんか。
そんなこんなで、終業の時間。 結局まともに話はできなかったけど面白かった。
係長は「やっぱ仕事は楽しくやらなアカン」と言い伸びをし帰っていった。 気楽な係長だこと。

 | HOME |