FC2ブログ

2008年09月

2008.09.25.Thu

hazard indicator



僕がたいてい車を運転している時は、急ぐ用は特にないわけで。 ちょっとドライブにって。
2車線の道路とかで僕の斜め前にこっちの車線に入りたそうに指示器を点滅させている車があると、スピードを落とし入れてあげたりして。 すると入れてあげた車がハザードランプを点滅させてくれる。 「ありがとう」って。
そういうハザードランプの使い方は良くないっ言う方もおられますね。 事故に繋がる可能性もあるし本来非常停止灯として使うモノですから、非常時以外での使用は控えた方が良いんでしょうね。









23日(一昨日)にワーゲン仲間のテンさんが僕の愛車ハッピー2号の修理を手伝ってくれた。 ハッピー2号のフロントガラスの前に風を入れるスリットがあって、雨が降りゃそれがスリットから入ってくるんですが、うまく車内に入った雨が外に出てくれず車内が水浸しになってまして。 それをテンさんが直したろうって言ってくれたんです。 前もサビで穴が開いて箇所を修理してくれて。 ホント頼もしい。
原因は車内に搭載されているファンに外からの水が入って外に出すダクトホースが詰まっているからだと特定。 テンさんは「このファン珍しいから価値あるかも」って言ってたのですが、珍しいモノでも使えない(雨漏りの原因)なら必要無いなって事で取り外し、スリットから入る雨が通る通雨口をアルミ板と樹脂で封鎖。 その他雨漏りしそうな箇所を樹脂で固めた。 その間僕は見ているだけ。 またも役立たず。 使い物にならないのはファンではなく僕の方だった…
とりあえず、雨漏りの心配は解消。
修理が終わりテンさんに「ありがとうございます」と頭を下げた。 世話になってばっかで、空っぽな頭をいくら下げても意味無いように思えて。 なんかなぁ…









「雨漏りするんですよぉ」とか「ありがとうございます」と僕はハザードランプを灯しっ放しで、それをちゃんと拾ってくれる人がいて。 僕以上の幸せ者は多分いないですよ。 ま、助けてもらってばっかで僕以上の迷惑者もあまりいないと思いますが。










という記事をわざわざ最後まで読んでくださった皆様にもハザードランプ灯しときますね。
スポンサーサイト



2008.09.21.Sun

太陽を打ち上げろ!



AM5:00
太陽が出るかな、どうかな。と、カーテンを少し開けて外を見てみますが真っ暗。 太陽め、何やってんだ。 そんな自分もこんな時間に何やってんだ。
ささ、寝よう寝よう。なんて言ってYouTubeでコレクターズの動画が結構UPされてたので見てしまった。
91年の「ROCK SHOW」という番組で『summer of love』を歌っているコレクターズに夢中になる。 歌の後にトークがあるんですが懐かしの「かとうれいこ」さんがMC。 後ろにはボディコンギャル数名… 当時のロックって随分バブルだったんだなぁと微笑んでしまった。 というか、91年って僕13歳だったんですね。 13歳といえば可愛らしい頃です。
僕らは~ オーイエイ いつだって 太陽~の下~♪






AM5:25
ちょっと眠いかも…
仕事場の藤吉郎先輩がこの前「もうそろそろこの仕事辞めるかも」と宣言していました。 どうやら飽きた(やり甲斐が無いらしい)ようで。 環境を変えたいのかな? ま、辞めさせませんけどね。
僕なんか仕事をしながらオープンマインドできるくらい余裕がでてきて、オープンマインドが仕事か、生産が仕事かっていう境地。 結局は「生きてるって素晴らしい! 楽しくてしょうがねぇ」って結論に至り、単純極まりなくいたたまれない気持ちになりますが、それこそオープンマインド。 シンプルでなにが悪い。 という開き直りもまたオープンマインド。 くだらない。
目にきましたよ。 ショボショボしてきた。 寝ようかな…




寝らすかよ!




AM5:45
打ち上げ成功!
ほれ見てみ。 東の空からオレンジ色の太陽が… 雲に隠れて見れないね。 まったくもう…
スッキリしないけど、もう寝るぞー。
それと、寝ずに早朝にブログ更新するのはもうやめだ! なんだこれ酷すぎ。
2008.09.14.Sun

ticket



「良いニュースと悪いニュースがある。 どっちから聞きたい?」
と言われたので、出された食事は嫌いなモノから食べ、好きなモノを最後に食べるようにしている僕は「じゃ、まずは悪い方のニュースから」と答えました。
「リヴァプールがリーグ戦7年振りにマンチェスター・ユナイテッドに勝利(サッカーの話です)」
あーー、負けたの… ベルバトフ・テベス・ルーニーが揃ってスタメンなのに… ま、ルーニーをウイングとして使っちゃダメですよ、ファギー。 言うてもリーグ戦は始まったばっか。 ひとつやふたつの負けは絶望するほどではないです。
「で、良い方のニュースは?」と聞くと「その無様な姿を晒したマンチェスター・ユナイテッドが来日し、試合を行うクラブワールドカップの観戦チケットが取れた」
この前ここに書いた友達との約束ですよ、クラブワールドカップ観戦。 準決勝(もちろんマンチェスター・ユナイテッドの試合)と5位決定戦(同日開催)のチケットを友達が取ってくれました。 今日発売で僕は仕事だったので友達にチケット獲得を頼んでました。 チケット取れたので観に行けます! 友達には感謝です。






ちょいと久し振りのブログ更新。 更新が無かったのは特に何も書く事が無かったからです。
次の更新はいつになるのやら。
2008.09.06.Sat

jump in the pool



Friendly FiresFriendly Fires
(2008/09/23)
Friendly Fires

商品詳細を見る










仕事が休みだというのに雨のせいにして外へ出ず寮でごろごろ。 ま、音楽でも聴いてゆっくりしろと空が言っているという事にして。
今日は先取ってみました。 発売前のFriendly Firesのアルバムに収録される予定のjump in the poolという曲をダウンロードして最近よく聴いています。 なんか、PVにもあるようにキラキラしたポップが癖になります。 アルバムの収録曲を何曲か聴いてみたんですが、結構期待していいと思いました。










Jump In The Pool

2008.09.05.Fri

始まりの朝



インターネット某所。 どこの馬の骨かも分からぬ輩どもがマンチェスター・ユナイテッドについてどうでもいい事やら情報やら全く関係ない事を書きなぐれる掲示板がある。





その日(9月1日)は翌日が夜勤という事でゆっくり夜更かし。
ヨーロッパの移籍市場は大詰めも大詰め。 9月1日にその市場は閉じてしまう。 各チーム補強やらで忙しく動き回っている。 何年か前には今となってはマンチェスター・ユナイテッドのエース、ルーニーがマンチェスター・ユナイテッドの一員になったのも移籍市場が閉まる間際でした。
ヨーロッパ時間との時差で日本時間の9月2日の朝がタイムリミットとなります。
マンチェスター・ユナイテッドはそれまで目立った補強は無く(期限付き移籍で獲得中のカルロス・テベスの正式入団のみ)、ルイ・サハのマルセイユへの移籍が決定しフォワード陣の層の薄さが心配なのは僕だけじゃなかったはず。
はたしてフォワードの獲得はあるのか?





再びインターネット某所。
9月2日に日付を変えると掲示板では妙な流れになり住人たちは疑心暗鬼に。 マンチェスター・ユナイテッドが狙っているフォワードはトッテナム・ホット・スパーのベルバトフという選手。 この選手は随分前からオファーを出しているが良い返事が返ってこない。 獲得はあるのか? ないのか? という話題で地味に盛り上がっていた。 ライバルであるチェルシーもレアル・マドリーのロビーニョ選手の獲得が噂されていたが実現されておらず。 ベルバトフ、ロビーニョ両選手の動向がプレミアリーグの優勝争いに少なからず影響をもたらす事は確かだった。
まず、飛び込んだのは同じマンチェスターに本拠地を持つマンチェスター・シティがベルバトフにオファーを出し、トッテナムがオファーを承諾。 ベルバトフがオファーを受ければ移籍が決定してしまう。 住人達は「ベルバトフ、そっちじゃない!」と同じマンチェスターでも「ユナイテッド」の方に来てくれる事を祈った。
時間は更に進みベルバトフの移籍先が発表されぬまま朝を迎える。 そして次に飛び込んできた正式情報が「マンチェスター・シティ、レアル・マドリーのロビーニョを獲得!」。 もう、なにがなんだかという状態に。 それにしても大暴れのマンチェスター・シティ。 オーナーが石油王に変わると急に派手になる。 チェルシーが本腰でロビーニョ獲得に動いていたのかどうかという問題は別にして、チャンピオンズ・リーグ出場資格の無いマンチェスター・シティに移籍したロビーニョはレアル・マドリーから出ざるを得ない状況だったんでしょうね。
そうこうしていると移籍市場が閉じる時間に。 獲得ならずかと落ち込む僕と住人。
しかし、市場が閉じた10分後。 タイムラグを経て「マンチェスター・ユナイテッド、ベルバトフ獲得!」の情報が。
その後はお祭り騒ぎ。 リアルタイムで参加できて楽しかったです。







ホント、ベルバトフが来てくれてよかった。
2008.09.02.Tue

朝と夜



Good morningGood morning

SPECIAL OTHERS








Good morning








おはよう。
陽が昇っても雨雲が隠します。 そろそろ寝ないといけません。
不規則な勤務体制は朝を迎えないといけない不健康な日もあって。 ぼうっとしながら、少し趣を変え、ゆるめの音楽聴いてさらにぼうっとします。





みなさん、おはようございます。
一日はあくびで始まる野暮なもので、雨は嬉しそうに跳ねその靴を汚します。 服を濡らします。 見えるけど触れない雲から落ちた雨は大冒険を経て地面やその傘や靴、服へと着地。 悪い子じゃありません。 「雨かよぉ」なんて言わず、黙って肩に溜まった雨を手で払うのが紳士。 水溜りを避けて歩く楽しさを思い出したり。 水溜りにはまったり。 一日は始まったばっか…
いってらっしゃい。 そしておやすみなさい。











STARSTAR

SPECIAL OTHERS








STAR

 | HOME |