FC2ブログ

2008年11月

2008.11.24.Mon

仕事をしなさい



最近になって、仕事場で仲間が増えている。 休憩中になんか集まってくる。
新人君の住んでいる所の近くに「パワーシティ」という色んな店舗が集まるオープンスタイルのショッピングモールがあって、僕は「パワーシティ」という名前がえらく気に入り「え?パワーシティってどんなとこ?」と新人君に聞いたり、他の仲間の人に「パワーシティって行った事あります? やっぱ凄いですか?」とか。 しまいにゃ「パワー店員の戦闘力はなんぼくらい?」とか何にでも「パワー」をつけて遊んだり。 そんなくだらない事でとりあえず周りを巻き込むと仲間が増える。
「パワーシティ」の話だけで昼休憩の1時間を潰しました。




また別の休憩時に新人君と煙草を吸ってて、会社の社報みたいなのがあって僕は読んでました。 偉いさんのインタビューで「座右の銘は?」って質問があったので新人君に「で、座右の銘は?」と振ってみた。 「今をそれなりに楽しむ」と新人君は答えた。 僕はオウム返しのように「とりあえず、適当にしょーもない人生を食い潰す?」と聞き返すと「違いますよ『今をそれなりに楽しむ』ですよ」と訂正が入ったので僕は「とりあえず死んでるように生きる?」とまたも聞き返す。 「全然違いますよ」と呆れていました。 僕と新人君の言っている事に大差は無いと思うんですが。
そんな新人イビリじみた事で休憩時間を潰したり。 いやいや、大事にしてますよ。








ま、たまに仕事中も上記の様な遊びをしたり。 …もちろん暇で余裕のあるときですよ。
スポンサーサイト



2008.11.20.Thu

pieces



朝晩の寒さは例えようがなく、体の芯まで侵食してきます。 今日はお休みでして。 昼くらいまでサラっと寝てて、起きたら天気良かったので近所の公園へ行ってきました。
3時くらいに公園に着いたんですが、もう西日が眩しい。 陽が昇っている時間も、知らない間に短くなってて、また自分の進むペースの遅さを教えてもらう。 それでも、まだ辛うじて陽が昇ってたので寒さは幾分かマシでした。











off44











芝生に座り、持ってきた本を読んだり、本に飽きて寝転がったり、目前に広がる空の青さにニヤニヤしたり、西日が眩しくて少しイラっとしたり、起き上がりまた本の続きを読んだり…
それを何セットか繰り返すと寒くなってきたので帰ることに。







book




オレンジ色の芝生を踏み、公園を横切って帰りました。
充電完了。
2008.11.14.Fri

ぎょうざ倶楽部



今日は休日で暇なので近況を少し。
僕の住んでいる町で一人で食事ができる所というのは数知れている。 その中でも「餃子の王将」へは最近よく行きます。 というのも、スタンプカードを貰い、押してもらううちになんか絶対全部押してもらうぞという意地みたいなのが芽生えまして。 スタンプカードをコンプリートすると「ぎょうざ倶楽部」の会員になれるという特典付だ。 期限は12月の上旬だった。
で、先日とうとうスタンプカードがスタンプで埋め尽くされた。 どきどきしながら封筒を受け取った。




その封筒がこれ。
club1



おお! なんか頑張ったよ。 これ貰う為に油っこい中華料理をお腹に流し込んだんですよ。
さっそく開けてみた。




club2



うはっ。 かっこいい…  って事はないか。
でも。何故だか嬉しい。



中学生の頃、何一つ真面目にやろうとしなかった頃。 社会の授業中に問題が出され、僕はよく社会の先生に「yutaka」と言って答えさせられていた。 僕は必ずといって良いほど問題に対し「餃子」と答えた。 答えた後、先生に大きいコンパスで頭を叩かれていた。 なぜ「餃子」と答えていたのか自分自身よく分かりませんが、約一年間どんな問題にも「餃子」と答えたが一度たりとも正解することは無かった。 かすりさえも…
そんな僕も「ぎょうざ倶楽部」の会員だ。 約一年間もの歳月を大きなコンパスで頭を叩かれ続ける事に費やした意味というものがあったという事だ。
ちなみに「ぎょうざ倶楽部」の会員は会計時に5%引きしてくれる。
まあ、もう中華料理は当分食べる気にはなれませんが…





それと、仕事場に新人君が入った。 前に居た新人君は辞めてしまった。 色々とあり、僕も正直胸を痛めました。 それはもう過ぎた事。 忘れます。
新人君は典型的なオタクだった。 喋り方がテレビとかのコントで出てきそうなソレで、正直絡みづらい。 なんとなく気の弱い部分が感じれたり、優しいんだろうなってのも漂っていて。 そのくせ地味に小悪党で… ま、仲良くやっていこう。 良いやつっぽいんで。




とまあ、たいした近況報告ではないですが、平和にやっております。
長ったらしい文章にお付きあい頂きありがとうございます。
2008.11.08.Sat

changing lane



休日の目覚めから数時間はぼんやりしててあまり覚えてないのがデフォルトで、とにかく着替えだけは済まして動き出すまでを待っている状態。 この状態が長く続くと結局部屋に篭るという惨事に発展したりします。 今日は予定もないので探し物をしにちょっとダイエーへ行こうと思い立ったのです。




近所のジャンク八百屋さん経営のヒゲの店に行ってヒゲに「ダイエーってここらへんにあります?」と聞いた。 ヒゲが「え?ダイソー?」と高水準のボケを返してくれたので愛想笑いで対抗。
「さぁ、津(市)にいったらあるんちゃうかなー、でももう無くなったんちゃうかなー」と適当を言っていて、そこにヒゲの奥さんが来てダイエーの場所を聞いたら「えー知らんでー。 タウンページで調べたら?」とヒゲに言い、ヒゲがタウンページを僕に渡した。 調べてみるが無いっぽかった。
そこへ、お客さんが立て続けに入ってきて、ヒゲが一人一人に「ちょっと質問、ダイエーってこの近くにある?」と聞いた。 すると、なんかお客さん5人くらいがヒゲがいるレジを囲み「ダイエーかぁ、津にあったけどなくなったなぁ」とか、なんか大事になってしまってダイエーがどうのこうのと言い合ったり別の事を話したり。 ヒゲ奥さんはタウンページを片っ端から調べてくれてたし、ヒゲは「(ワーゲン仲間の)だいちゃんにメールしてみよ、あの子は津の方に詳しいからな」とメールで聞いてくれたり。 仕舞いにはお客のおばちゃんが携帯を取り出し電話して「ダイエーってどこにあるん?」と知り合いに聞いてくれて、僕は「いや… そこまでしてくれなくてもいいんですよ」って言ったけどもう聞こえないみたいでした。
まさかダイエーでこんな大騒ぎになるとは思わなかったんで途中から「どこまで事が大きくなるのだろう」とワクワクしてしまった。
ヒゲをはじめ、色んな方にダイエー探しを手伝ってもらって、穏やかな町なんでこういう人情に触れる事が多いです。 良い人ばかりで呆れます。 いや、ありがたいです。




結局、三重県にはダイエーは無いという事で落ちつき、「名古屋の方に行ったらあるわ」って言うので暇だし名古屋行ってこようかなと「じゃ、名古屋行ってダイエー行ってラーメンでも食べてきますわ」と返すと「あ、関(隣町)に新しいラーメン屋さんオープンしたな。 そこ行ってきーな」とヒゲが言うので関にあるラーメン屋に行って来ました。
ダイエー探してたら、そこから隣町のラーメン屋に繋がるとは思わなかったです。 ま、僕のケツが軽いだけかもしれませんが…
探し物はまた別の機会に。 ラーメン辛かったです。
2008.11.02.Sun

playstar vista



オロオロとした混乱を奥底に隠し、それでも落ち着かないので夕食後ハッピー2号でドライブ。 びっくりしたよ、ホント。





フロントガラスが曇るので三角窓を開けたら冷たい風が車内に入ってきて。 寒い… もう11月ですもんね。
世間話でも使われない、「寒い」とか「暑い」とか「晴れ」とか「雨」とか… こういうどうでも良い事をここに書くのが好きで。 逆にあまりゆっくり話さない事を残しとこって思ったりするんで。 ま、人間的規模が小さい男なんで、家からコンビニまでって距離が似合ってるんだと思います。
ドライブはやや大きいエンジン音とカーステからランダム再生される音楽に隔離されて、面倒な事やら明日ある仕事の事とか、置き去りにされてく店の看板や照明みたく後方に投げ捨てている感じで爽快でした。 流れ星みたいに過ぎてく景色をすまし顔でやり過ごしているってのは頭が真っ白になれる唯一の時間かも。
いい眺めでした。
明日の仕事もがんばれる!って程じゃないですが、ちょちょいとやっつけたろって思うんです。

 | HOME |