FC2ブログ
2006.11.21.Tue

サイドアタッカー



チームのスタイルや、その選手にもよりますが、サイドアタッカーと呼ばれる選手がいるチームは見ていて面白いです。 サイドアタッカーはその名の通りフィールドのサイドからチャンスを作る選手の事です。 ほとんどの選手は相手サイドバックとの一対一の勝負を挑みます。 日本の場合は一対一の場合でもあまり勝負を挑みません。 日本人にはドリブルやロングパスでカウンターのサッカーよりパスを繋ぐサッカーの方が合うからでしょう。 日本人の身体能力や体格の差などを考えると納得できますね。
日本のサッカーはさておき、サイドアタッカーです。 中央をドリブルするのとサイドをドリブルする違いは何かというとタッチラインです。 サイドアタッカーの右側ないし左側にタッチラインがあり、動きの制限を受けるという所です。 動きに制限はつきますが、このタッチラインが敵の動きも制限することになり、ちょっとした密集地帯ができるわけです。 一対一でもなんだか息苦しいくらい狭く感じるタッチライン際。 そこでの攻防は本当に美しいです。
スピードでぶっちぎる選手、テクニックで切り抜ける選手、フェイントを駆使して相手を抜く選手、すべてを兼ね備えた選手。 そしていろんな方法を駆使してドリブルで仕掛けてくる選手を止めるディフェンダー。 そんなタッチライン際だけ個人競技になる時がある。
個人的な好みですが、僕はドリブルを仕掛ける選手が前にボールを大きく出して相手の体をぶつけながら、もしくは相手を腕で押しながらディフェンダーとボールを追い合うのが見てて胸が熱くなりますね。






今の日本代表やJリーグでは目立ったサイドアタッカーがいないので、熱いタッチライン際は期待できませんが、世界には驚くようなサイドアタッカーがウジャウジャいます。 いつの日か世界を驚かすようなサイドアタッカーが日本から出てくる事を願っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/109-6e59fc7b

 | HOME |