FC2ブログ
2007.02.06.Tue

消えゆく町並み、変わらぬ景色1



色んな所を転々と引っ越しをしてきたけれど僕には「そこ」が特異な場所なんだって子供ながらに理解できたような気がする。 小学生の頃から今も住んでいる場所の事なんですが、なんか特別なんですよ。 多感な時期をそこで過ごしたってのも差し引いて、特別。 というか変。
で、漁師町なんですね、お魚美味しいんですよ。 でもね変。
具体的に書いていきたいのですが、どこから手をつけていけば良いのかと悩みます。 僕のその時の気分で僕の住む町(ここではY町と仮名にしておきます)の事を少しずつ書いていきたいと思います。









まず僕は結構「変」を生み出す原因になっているんじゃないかと思っている「地理」について少し。 人口5000人弱の小さな漁師町。 島の端っこに隔離されているかのように山に囲まれた集落です。
そんな山と海に囲まれた町で独特な時間の流れを持っていますが、それが仇となり(?)他とは違う変な場所として孤立している部分もあります。 方言とか周りの町と違う部分が多いですし。
ここだけの話、僕がY町に来た頃はスクーター乗ってヘルメットかぶっている人を探す方が難しいくらいヘルメットが定着していなかった(今は結構定着してます)し、50ccのスクーターでも子供と2人乗り(ひどい時は3人)とか日常茶飯事でした。 警察がいるとヘルメットをかぶるってな具合。 むちゃくちゃですね、漁師気質って言うんですかね。 豪快な方が多いです、漁師は。








今は色んな事がだいぶ変わりました。 昔は家のドアの鍵をする家庭は少なく、近所のおばちゃんやら親戚やらなんやらが出入り自由な感じでした。 でも最近は物騒になってきているので鍵をするようになりましたね。
それと、これはY町だけの問題ではないでしょうけど子供の数が凄く少ない。 このままだと小学校も廃校になってしまうんじゃないかと心配します。 でもしょうがないです、Y町には漁師くらいしか仕事が無く、それ以外はY町を出なければなりません。 その漁師の仕事も昔に比べ下火になってきているらしいですし。 そんな理由もあるのでみんながY町から離れるのは仕方ない事なのかもしれません。
なんか、イメージが悪くなる一方なのでマイナスな部分はこれくらいにしておきます。
良い部分もマイナス部分に負けないくらいあります。 それを書こうと思いますが、今日は記事が長くなりすぎるので次回ゆっくり書こうと思います。

コメント

2007.02.06.Tue

漁師町ということは海沿いなんでしょうか、Y町。
海好きの私にはたまらないシチュエーションです^^
原チャに3人乗りとは、イタリアのようです。今の時点ではのどかで小さな町、というイメージなんですが・・・
これからもっと良いところを教えて頂けるんですね。楽しみです!
2007.02.07.Wed

>はてるまさん
Y町は海と山に囲まれているんですよ、海は近いけど特別キレイってワケじゃないです…
イタリアとか海外と比べられてしまうと文化自体が違うので特異性は弱くなってしまいますが、変わった人物の分布密度とか小さい町のくせに高いです。
いろんなエピソードを交えて紹介できたらなと思います。
コメントありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/193-902a56d7

 | HOME |