FC2ブログ
2007.02.16.Fri

手紙



手紙とか書きますか?
僕はあまり手紙を書くという習慣を持ってません。
手紙って一般的に「手紙を渡す人」がいて、「手紙をもらう人」がいる。
コミュニケーションの1つですよね。
Eメールとかもそう。 でも手紙。






とある漫画家が登場人物に(僕の記憶が正しければ多分登場人物です)「風子」とつけた。 「風子」という名前について話していた時、「風子」という名前は風のように勝手気ままにあっちへ行ったりこっちに来たりと名前に「風」とつけるのは良くない。とその漫画家が言われ「風って主体性があるんだよ」と返したという。
風には主体性がある。 そうか、風は行きたいところへ吹く。
この事をふいに思い出し、手紙には主体性は無いのか? 「手紙を渡す人」がその「手紙を渡したい人」に渡す。 主体性は「手紙を渡す人」にあるのか。 いや、手紙は「手紙を渡したい人」の為に生まれた。と考えれば主体性は手紙にあるのか?
久しぶりにワケの分からぬ事になってますね。
手紙はあくまでコミュニケーションツールなので主体性は無いのか。







そんな手紙に主体性を持たせてあげよう!と太っ腹の僕は思うわけで。
で、どうやったら手紙に主体性を持たせれるか?
僕なりの答えで実践したいと思います。

















もし、街(町)に白紙の紙飛行機が無造作に落ちていたら、それは手紙からの手紙です。
その白紙の紙飛行機は僕が手紙に翼を与え、空に飛ばし、手紙が「手紙を読んで欲しい人」のところへ飛んでいきます。
もし、街に紙飛行機が落ちていたなら、ぜひ拾って読んでやってください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/204-28b089d4

 | HOME |