FC2ブログ
2006.09.02.Sat

alan smith



今日は僕の愛するサッカー選手、アラン・スミスについてお話します。
まずは、軽くプロフィールから。






アラン・スミス

愛称:ギャング
国籍:イングランド
誕生日:1980年10月28日
出身地:リーズ
身長:178cm
体重:70cm
在籍チーム:マンチェスター・ユナイテッド
ポジション:FW
背番号:14
利き足:右足
代表キャップ:16
得点:1



1998年にリーズ・ユナイテッドでリーグ戦デビューを果たし、その日に初ゴールを決める。
当初ストライカーとして活躍する一方、血の気の多さが災いしてラフプレーによる退場や出場停止が目立っていた。
2000-2001シーズンではリーズのUEFAチャンピオンズリーグ4強進出に貢献。2001年にイングランド代表デビューを果たす。
2003年には観客が投げ込んだペットボトルをスタンドに投げ返し、それが別の観客に当たってしまい逮捕(その後釈放)されるという事件を起こし、問題児ぶりを発揮してしまう。


リーズが財政難のために放出を余儀なくされ、2004年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍。




顔です。
smith





とまあ、こんな感じの選手です。 愛称ギャングて…
なんだか文字だけ見ると(上の写真も)ただの気狂いみたいだが、根は良い子なんですよ。
2001年にリオ・ファーディナントとコンフェデ決勝を観戦に日本に来ていて、試合前に黙祷してるのを見て池田小の事件(池田小児童殺傷事件)を知り、京都に観光へ行く予定をまげてまで献花しに行ったり。
問題児だがお酒は全く飲まないし。
フィールドを出れば紳士なんですよ、彼は。





なぜ彼を気に入ったか。
彼を初めて見たのは彼の所属チームだったリーズ・ユナイテッドが降格した年。 対戦相手は現在在籍しているマンチェスター・ユナイテッド。
リーズは降格が決定的で勝ち続ければもしかすると… みたいな望みが薄いチーム状況で彼一人が奮闘。
左サイドからのセンタリングを敵ディフェンダーに体をぶつけながらブチ込んだヘディングシュートに鳥肌が立った。
それ以降、FWなのにやたらスライディングタックルをかます空気を読めないスミスのプレーに拍手を送り。
MFにコンバートされ、持ち味が発揮できていない時は嘆いた。





で、今日はそんなスミスの話をなぜするかというと。
彼は今年の2月に足の骨折と脱臼をした。
長い間リハビリをがんばり、先日リザーブリーグ(サテライト)に出場した。 プレミアリーグの復帰も近い。
そんでもって、僕もフットサルで4月に怪我をした。 リハビリらしいリハビリはやっていないが、4ヶ月休めてかなり回復した。 が、まだボールを蹴るのが怖い。 正直。
でも、スミスはプレミアリーグに復帰すると、相変わらずのプレーを見せてくれるだろう。
そんなスミスに負けじと僕も体を動かして、ボールを蹴らなくてはと思ったのです。







そして、サッカーの話をすると長い&熱い自分に苦笑い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/28-efe72db4

 | HOME |