FC2ブログ
2007.06.08.Fri

父の友人



今日は父の友人が四国の帰りに僕の住む町に寄ってくれたとの事で会いに行った。 父の友人夫婦は神戸に住んでいる。
僕は会うの何年振りだろうか、顔と名前はしっかり覚えているがその他の事は忘れた。
会って喫茶店で僕と母、父の友人夫婦の四人で少し話をした。 僕の足の怪我を心配してくれた。 その友人は僕の父が事故を起こした時に後ろを車で走っていた。 事故現場と父の死を1番近くで見ていた人だ。
友人夫婦の子供は父同士が仲が良かったので結構遊んだのだけれど、顔はぼんやりとしか覚えていない。
その二人の子供さんは僕と年齢が近く、二人とも親元を離れ今は夫婦二人暮しらしい。
奥さんの方は色んな所へ旅行がしたいらしく、職無しの僕に「北海道で働いたら?」「エジプトに一緒に行く?」と僕を旅行の口実にしようと必死に喋っていた。 面白い人だ。
僕も旅行とか一人で旅するのが好きだと言うと「いいねぇ、若いうちに色々なトコ行かなきゃ」と嬉しそうに言ってくれた。
でも、あっちこっち旅やら好きな事して生きている放浪癖のある僕に「結婚はできへんわぁ、こういう人は」とズバリ言われたので苦笑するしか僕はできなかった。 ストレートに棘が無くそういう奥さんがカッコよかったです。 すがすがしい人だ。
父の友人の方は「やれやれ」といった感じで奥さんを見てました。 良い感じの夫婦だな。 そう思った。
夕方も過ぎた時間になったので喫茶店を出た。 別れ間際に母に「(父の)墓参りにちょくちょく行ってるから行ってあげな」と言った。
うちの母は父の墓参りに全然行かない人で僕も「この人ホント(墓参り)行かないんですよ」と母を冗談っぽくせめた。
自営の喫茶店が忙しいと理由をつけて墓参りには行かない母。 「薄情だな」と思うのだけれど、母には母のちゃんとした理由があるのだろう。









そんな父の事を思い想う一日になりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/316-059a6f91

 | HOME |