FC2ブログ
2007.10.30.Tue

野ざらしの旅



松尾芭蕉が母親死去の悲報を聞き、江戸から郷里へ帰る旅に出た。
それを芭蕉は「野ざらしの旅」と名付け、旅で句を詠んだ。 母親の墓に、母親に会いに行く旅。






僕はこの世に生まれ落ちてから、自分自身の死に顔に会いに行く「野ざらしの旅」に出て、今もまだ最中です。
「会いに行く」と言うより、「帰る」と言った方が正しいのかな。





どんな顔をしてるだろうか。 どんな顔で会いに行こう。 どんな土産を持って帰るのかな。
「もう終わりかよ」とふて腐れた死に顔には会いたくないので、もう少しアクティブに生きなきゃな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/460-3186b1d8

 | HOME |