FC2ブログ
2007.11.18.Sun

rain



ヒゲが言うには月曜日からかなり寒くなるらしい。 というか、すでに寒いんですが…
山間部では雪が降るとか降らないとか。 雪まで出動しますか、そうですか。




寒さの実況は明日するとして、今日はレンタルしていたDVD「Rain」を鑑賞しました。
ヴェンダースと言えばロードムービーと勝手に解釈してたのですが、今回はドラマ。
昨日に引き続き映画の説明は割愛させて頂きます。
なんというか、若干眠たいのに無理して見たので、あまり考えず感じる方に重きを置き見ました。 今回も日常を切り抜き、繋ぎ合わせて物語かどうか分からない様な作品に仕上がっていると僕は思いました。
起承転結がハッキリしてない抑揚の無い映画なのに見入ってしまうのはヴェンダース作品の魅力ですね。 じんわりときます。
なんか、眠たいから映画を見て感じた事を言葉にできないでいます。 寝よう。
それにしても良い映画だった。

コメント

2008.01.10.Thu

あ、ありました!
yutakaさんの記事に確かこの映画の話があったよな~って、考えていたんです。で、私も鑑賞してみました♪
タクシーの運転手のオジサンの息子さんの悲しい話やら、『刑事コロンボ』の顔のピーター・フォークなんていう個性派まで出演してましたね~。日本劇場は未公開だったらしいですが、内容的には、心の内面まで深く考えさせられるテーマで、良質な作品でしたが、yutakaさんが仰る様に、坦々としていて、出演者も多く、ちょっと混乱?する内容で、抑揚に乏しい作品でした。私もレビューを後でUPさせていただきますね!
では、では♪
2008.01.11.Fri

>ぴーちさん
見つかっちゃいましたね^^
ご覧になられましたか、地味だったでしょう? コロンボはあんな、ちょっと(かなり?)ダメおやじを演じるとしっくりきますよね。
でも、好きなんですよね。 押し付けがましくなく、少し遠慮気味に語られる映画って何回でも見れちゃう。
ヴェンダースでは「アメリカ~家族のある風景(タイトル間違えているかも…)」という映画も良かったです。
コメントありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/479-cfeb7a78

 | HOME |