FC2ブログ
2008.06.07.Sat

怒れる一人の日本人



昨夜、お腹空いたので深夜に吉野家へ夜食を食べに行きました。 昨日はなんだかんだと全く食事を取れず、仕方なく深夜の吉野家を決行したのです。
深夜だというのに吉野家には客が6人かそこら入ってました。
僕は席に着くも、新人らしき店員さんが一人では到底さばけない数の客を相手に四苦八苦していたので「遅くなるな」と覚悟した。
隣の隣の席のイカツイ兄ちゃんの元に牛丼の大盛りが持ち運ばれる。 僕は携帯電話でマンチェスターユナイテッドのモバイルサイトを観覧していました。
イカツイ兄ちゃんが「サラダくれや(サラダをください)」と新人らしき店員さんに言った。 店員さんは「少々お待ちください」と言って僕より先に店に入った客のオーダーを取ろうとした。
するとイカツイ兄ちゃんが「はよサラダ持ってこいや!!(早くサラダを持ってきてください)」と怒鳴りだした。 サラダを頼んで一分足らず。 えらい急いでるんだなと怒鳴ってる兄ちゃんを見た。 あいにく、普段は客席の前にある冷蔵庫に入っているはずのサダラが切れていた。 そしてイカツイ兄ちゃんも切れて(キレて)しまった。
新人の店員さんはオロオロとウロウロしてサラダを探していると、厨房のドアからもう一人の店員が顔を出し「サラダは冷蔵庫」と面倒くさそうに言った。
その言葉がイカツイ兄ちゃんの怒りに油を注いだ。
「お前!ぐちゃぐちゃ言っとる間にお前が出てきてサラダ取れや!!(ごちゃごちゃ言わずにあなたがサラダを取ってくれれば良くないですか?)」と面倒くさそうに顔を出した店員に怒鳴り散らした。 店内騒然。
奥のドアから出てきたベテラン店員は「僕は休憩中なので…」と弁解。
「なんやと!コラ、お前、忙しいんやから手伝いに来たらええやろ!(忙しいからあなたが手伝ってあげれば良いんじゃないですか?) イテまうぞ!!(殴りますよ!)コラ!!!!」
謝る店員。
おさまりがつかなくなるイカツイ兄ちゃん。 「あ?コラ、(新人店員を)イジメか?」
「あーー!コラ!! イテまうぞーー!!」もうヤケクソ気味のイテまう兄ちゃん。
「どーいうつもりや? コラ、お前何様じゃ!」
怒りのあまりもうサラダの事は頭にないらしい。 とにかくベテラン店員に殴りかからんばかり。
僕はイテまう兄ちゃんのいう事に少し賛成だったので、とにかく見ていた。 さすがに新人じゃなくても一人で6人くらいの客をさばくのは難しいでしょう。 イテまう兄ちゃんの言う通り手伝ってあげるべき場面だった。 さすがに殴りかかれば止めたと思いますが、イテまう兄ちゃんもそこら辺は大人である。
もうええわ!と言い千円札を投げて帰ろうとした。 ベテランは「お金は結構ですから」と言うと「イテまうぞ!!」とまたも罵られる。 「では牛丼のお代だけいただきます」と言いレジを打ち、おつりをイテまう兄ちゃんに渡そうとするベテラン。 おつりを受け取るイテまう兄ちゃん。 受け取るんかい!
イテまう兄ちゃんが怒り、イスを蹴ったは良いが、兄ちゃんが履いてたサンダルが僕の足元に飛んできて、僕はとにかく「なんでこっち飛んでくんねん」とサンダルを呪った。
鼻息を荒げながら僕のトコに来て狭いスペースに器用に飛んできた僕の足元のサンダルを足をクネクネさせて履き帰っていった。 ドアは荒々しく閉められ静寂がしばらく続いた。






久し振りにキレにキレまくった人を見ました。 でも、ワルな兄ちゃんではなさそうでしたので幾分かは安心して見れましたが。 穏やかな町にはこういう荒々しい人がつきものです。
ま、吉野家の店員にはなりたくないかなって今回で思いましたが…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/682-dae8d04e

 | HOME |