FC2ブログ
2006.10.12.Thu

記憶



「思い出には勝てねえんだよ!」







上の言葉は某プロレスラーが発した言葉で、某プロレス雑誌で某作家さんが取り上げていたのを、ふと思い出した。
思い出には勝てない。
思い出。 楽しかった事、辛かった事、嬉しかった事、後悔した事などなど。 過ぎてしまったから思い出。 過去を変える事はできない、だから「思い出に勝てない」。
思い出はどんな事であれ大抵は美しい。 夢の中で起こった事のように思い出す。 そんなかけがえの無い思い出には現実に生きる自分じゃ勝てない。
と解釈の方法は人それぞれ。
ほんとうに過去には勝てないのか? 僕たちは思い出に負けっぱなしでいいのか?
まぁ、かといって、「あの頃は良かったなぁ」なんて一言も言わないROCKな人間にもなれそうも無いですが。










話は少しそれますが、過去って時間が経つごとに変化していませんか? よく言われるのが「過去を美化する」です。 頭がすんごく良くて、昔の事やその時の感情や気持ちを隅から隅まで覚えていたら辛くて前に進めないでしょうね。 嫌な事なり、悲しい事なり多少は忘れるように人間はできていると思いますし、実際自分が忘れっぽいから悩んだりしてもすぐ立ち直れる(忘れる)んですよね。 都合の良い話です。
そんないい加減な思い出との戦いにそれほど意味を見出せないし、その勝てない思い出を作っているの今だし、これから最強の思い出が未来に待っていると思えば思い出との勝敗なんて重要じゃないのかな。 どうだろ。










このブログ始めてから学生の頃みたいにどうでも良い事を掘り下げてあーだこーだ書くようになりましたね。 リアルな自分はそんなにややこしく考えないタイプなんですが。
このブログのおかげで色々考えるようになりました。 良いのか悪いのか分かりませんが…
しかも恥ずかしげも無くそんな考えた事をブログで晒すなんて、たいしたもんですよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/69-43935a8c

 | HOME |