FC2ブログ
2008.07.09.Wed

旅は道連れ、世は情け



仕事場に着くとボスがいない。
僕と新人くんだけだった。 今日は藤吉郎先輩の班と入れ代わりで、藤吉郎先輩は「あれ?ボスは?来とらんの?」と聞いてきた。 僕は何も聞いてない。
「遅刻なんですかね?無断で休まないから遅刻でしょう」と僕は言い「ボスが来るまで残業してくれますよね」と付け加えた。
藤吉郎先輩とその場に居合わせた藤吉郎先輩と同じ班の後輩は「えー、俺帰るよ。明日も仕事あるし」「僕も帰りますよ」とぶーぶー言った。
そこへ仕事場に設置されている電話が鳴る。
ボスからだ。 どうやら寝坊らしい。 「yutaka君、一人(新人くんはまだ戦力外)で大丈夫?」と聞くので、藤吉郎&後輩コンビに聞こえるように「あー、大丈夫ですよ。○班(藤吉郎先輩の班)の方々が残ってくれるので」と言うと、藤吉郎先輩は「残るなんて言ってねーぞ」とぶーぶー言う。
「最悪やな」と先輩は僕に吐き捨てるように言った。
旅は道連れ、世は情け。 まぁ、ぶーぶー言わず皆で働こう。







ぶーぶー言ってた割に新人くんに色々教えたり、いつも以上に積極的な残業組を見て微笑ましく思った。 冷めたフリして、本当は優しいんです。二人共。






困った時はお互い様。
1時間後にボスが来て、二人は帰る事に。
「ありがとうございました」と藤吉郎&後輩コンビに言いました。
並んで帰る2人の背中に「お疲れ様でした!」と声をかけると、二人同時に振り返り、全く同じポーズで手を挙げて応えた。 それを見てなんか笑ってしまった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/715-00806e5e

 | HOME |