FC2ブログ
2008.08.30.Sat

バタアシ金魚



bataashi








ほらもう、こんな調子ですっかり不定期更新ブログと化しました。 好きな時に書いていきます。
故郷の僕の部屋の本棚にはマンガ本がいくつか並べられていて、よく見ると吉田聡と藤堂裕と望月峯太郎のマンガしか置いてなかったり。
それで故郷での空いた時間に「バタアシ金魚」をちょこっと読んで。 もう何年ぶりだろ。 ホントちょこっと読んだだけだったので三重県に帰ってきてブックオフで安価のバタアシ金魚を古本で全巻買って読みました。 全6巻ぶっ通しで今読み終えた。
では、せっかくなのでホクホクのうちに感想を。






物語の説明はこの漫画に色んな要素が詰まっていて(逆にどこにも属さない感じか)どう説明しても偏った説明文になってしまいそうで省略。 機会があれば読んでくださいという事です。
高校の水泳部に所属のソノコとそのソノコに一目惚れし同じく水泳部に属したカオルがメインキャラクター。 ソノコの気持ちを無視(?)したカオルの片思い(?)が暴走しつつ、そこに水泳が絡んで、とにかくカオス。 しかし、カオルという個性を生かしつつ水泳や恋の話を地味に進めていく作者のバランス感覚は奇跡ですよ。
水泳にも恋にもそっぽを向かれながら鬱憤とした気持ちを引きずり回して余計ごちゃごちゃと事を荒立てながら進み続けるカオルというキャラクターに大馬鹿だなって思ったり、どこかで自分とシンクロしたりと妙な読後感も特徴ですかね。 無茶苦茶に暴れているカオルの行動に周りのキャラクターの反応もちゃんと描かれ抜かりなし。 カオルのキャラクターさえ受け入れる事さえできれば完璧と言って程のマンガだと思います。 マンガの中ではカオルの存在が多少許容されていて、そこら辺に拒否反応がでる人もいるかもしれませんが。 あくまでマンガの中のキャラクターだという事で。
なんか、全巻読み終わって「いいもの読んだなー」ってホクホクしました。 こういうのひさしぶり。

コメント

2008.09.08.Mon

yutakaさんお久しぶりのこんばんは☆

毎日更新記録の件、残念でしたね。と言うには、あまりにも僕はブログ更新をさぼっているのですが・・・

それはそうと、バタアシ金魚、僕はたしか、スチャダラパーのBOSEが絶賛していたので読んだ漫画です。
最初はカオルの自分勝手さが少々苛ついたのですが、こいつ一生懸命なんだな!と感じてから好きになり、「お茶の間」まで一気に読んでしまったのを思い出しました。

良い漫画って久しぶりに読むと本当に良いですよね。僕もホクホクになりたくなりました。
2008.09.09.Tue

>ピクセルさん
こちらこそ、お久しぶりのおはようございます^^
更新記録は途絶えましたが、気分が向いた日に書いた方が無駄な記事が減っていいかなって良い風に捉えてます。 お互いダラダラと続けましょう^^
スチャダラにも愛されるマンガなんですね、でも愛されるべきマンガですよ。 ホント。
マンガの始めの方にカオルが「平然じゃないのよ」と若い時代を充実させる為に無茶をしていることを白状してるように彼なりの一生懸命さが自分勝手に結びついてしまっていて、そこが面白いところでもあります。
そうなんです、「お茶の間」が近所の本屋さんや古本屋さんに置いてなくて、休みに探しに行って読む予定です。
良いマンガや良い映画に出会った時のホクホク感はなんとも言えません。 ピクセルさんも機会あればまた読んでみてください。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/770-e593868c

 | HOME |