FC2ブログ
--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.10.Wed

きりぎりす



ふらりと立ち寄った本屋で太宰治の本が気になって、昔読んで好きだった「きりぎりす」という短編集を買いました。
太宰治の代表作(人間失格とか斜陽とか)はどれも途中で挫折し、まともに読んだのはこの「きりぎりす」くらいです。 代表作は暗いし、破滅とかをかっこええって思えないので苦手です。 まぁ、「きりぎりす」も暗いっちゃ暗いですが。 とても繊細な部分が出てて好きです。
短編の中でも「皮膚と心」というのが好きで、つらつらと皮膚病や醜い自分とか、自分に自信の無い夫の事とかが書かれていて、なんか面倒な感じのお話です。 それでも、細かい心理描写や文章・会話構成がすごい好きで、読むたびに気持ちがすっきりする。 言葉に出来ず漠然と感じてたり思ってたりする事を書いてくれているような、痒い所に手が届くといった気持ち良さがあります。 完敗です。
他の短編もさらりと心を打つ作品から重いものまで。 昔の小説なんで、やっぱり今とは違う世界に違和感を感じるかもしれませんが、そういうのも読んでて面白いんですよね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/792-09a83a87

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。