FC2ブログ
2009.04.05.Sun



最近はスーパーカーの「Jump Up」をよく聴いていて、音楽の話ですけどね。
それだけではなく、相変わらず90年代後半の音楽をよく聴いています。





かせきさいだぁの「ウインドブレイカー」というミニアルバム(?)を安くて購入して聴いたら驚いた。 かせきさいだぁは名前しか知らなくて、やっと初めて聴いたんですが凄いや。 天才っていうんですか?こういうの。





天才といえば中村一義ですよ。 「犬と猫」のシングルを高校の帰りにTUTAYA内にあるCDショップで買って家で聴いたんですが衝撃でしたね。 電気走った。 物凄い勢いで通り抜けていった。 若干の「なんだこれ?」というファーストインパクトだったんですけど、阿呆みたいに聴いてましたね。





高校時代同じサッカー部だった友達に聴く音楽がかぶってたヤツがいて、そいつと色々と音楽の情報を交換してましたね。 だいたい同じ新譜を買っていて「あのバンドのあの曲ええわ」とか言い合ってた。 そういや、ホフディランのライブ一緒に行ったっけ。 今では同じ音楽趣味の友達はあまりいないので独り聴いて「ええわぁ」とか思ったりして暗い感じですが…





他にはサニーデイサービスやフィッシュマンズ、あまり聴いてないけど有名どころではナンバーガールやくるりとか。 とにかく90年代後半は良いバンドが多かったですね。





えーと、時間を手繰り寄せまして現在。 邦楽と洋楽をバランスよく聴いていた学生時代に比べ今は洋楽を聴く比率が大きくなってますね。 一応「良いらしい」という日本のバンドはチラっと聴いたりしますが、僕が勝手に作っている「90年代の壁」というモノををぶち壊してくれるバンドはいまだ現れず。
「90年代の壁」といった僕の先入観がそうさせているかもしれないですが。 今、多感な時期を過ごしている人たちにとっては「00年代は良い」と思ってて、その人たちが年齢を重ねれば「00年代の壁」みたいなノスタルジーやら先入観を大事にしてしまうのかもしれませんね。






とにかく、今も聴いているスーパーカーの「Jump Up」は良過ぎる。 歌詞も秀逸だし、青臭さ全開のロックアルバムですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/813-7e43d8dc

 | HOME |