FC2ブログ
--.--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.24.Mon

昨日の花火と夕の焼け



「赤が青に黄色になって赤に」と空の色のうつり変わりを信号に例えて歌う人がいます。 なるほど。
最後の赤の後には夜、明けて最初の赤へ。





土曜日は愛車のエンジンオイルの交換の為に四日市市へ。 帰りに夕飯を鈴鹿で食べ、帰路に着く頃にはすっかり夜。 国道1号線を走っていたら西の空に小爆発、なんだなんだとよく見てみると遠くに花火。 関町で行われた祭りで打ち上げられた花火だと思います。
運転しながらカーステからの音楽に頭を空っぽにし、それでも沸いてくる些細な事。 真っ暗な空に、小さすぎず、迫力は皆無という絶妙な距離に上がる花火。 まったく、自分を見るようでいたたまれない気持ちになりました。





日曜日は今年1月まで一緒に働いていた鈴鹿に住む友達の家に遊びに行ってました。 夕方近くまでお邪魔になり下手糞なギターを披露したりされたりとくだらない事してました。 帰りにまた国道1号線の同じ所を走っていると心も奪われるほどの夕焼けが西の空に広がっていて、所々を覆っているうろこ雲に夕日の赤とオレンジの間の色? 朱色と橙色の間の色? なんでもいいですが、その色がうろこ雲の表面に映り妙な立体感が出てて、雲と自分との距離を浮き彫りにして。 だいぶ高いトコにあるぞアレ。
普段、景色を見ても空なんて青と白の一枚絵。みたいな感覚でしたから。 空の広さという書いてて恥ずかしくなるような事を再確認させられてしまいました。 それでも誰かに見せてやりたいと思いたくなるような景色でしたよ。






土曜日、日曜日とまったくの同じ場所で景色に魅せられたよ。っていう。
雲とか空とか花火とか、浮世離れも甚だしい。
ま、月曜日が来て、逃げも隠れもできません。 良い現実逃避になりました。 仕事がんばろ。

コメント

2009.08.26.Wed

サマーソニックに、花火に、夏を楽しんでますね。
来年はドン!と、大きな花火を見たいですね。
雲や空や花火から、色々感じとれるなんて、
yutakaさんは感受性が強いですね。
私も早速、ベランダから空を眺めてみることにします。
2009.08.27.Thu

>kimmysさん
いやぁ、花火は偶然見つけたものでして… でも夏はそれなりに楽しんでいるかもしれません。 近くから音に迫力に圧倒されながらの花火を来年は見たいですね。
景色見ながら、何かしら思ったり、考えたり、思い出したり、感じたりする時間があっても良いと思いますよ。 頭空っぽにして見る景色もそれはそれで良いと思いますし。
コメントありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yutaka1010.blog54.fc2.com/tb.php/833-d100ab3e

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。